大人のアトピー性皮膚炎はどんな病気!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

アトピー性皮膚炎と聞くと、子どもが多く発祥するイメージがありますが、実際には大人がアトピー性皮膚炎にかかるケースも多くあります。ここでは、大人のアトピー性皮膚炎の詳細と患者数が増加傾向であることを説明します。まずは、アトピー性皮膚炎というのはどういった病気なんでしょうか?

 

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎はもともとは乳幼児がかかる代表的な皮膚疾患で有名でした。普通の症状の場合は小学校低学年でほとんど治癒するといわれていました。しかしながら1980年代になってアトピー性皮膚炎が重症化したり慢性化したりする症例が目立つようになってきたのです。これまで報告されたことのない皮膚症状があちらこちらから報告されました。ある大学病院皮膚科の統計によると1975年度のアトピー性皮膚炎の患者さんの年齢ピークは1歳でした。それが1985年度には16~20歳の思春期にピークが移りました。さらに最近のデータでは20~25歳にピークが移ってきているのです。

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの場合、皮膚の乾燥(ドライスキン)とアトピー(アレルギー体質)が重なり症状が悪化してしまうことが多くあります。次に、その原因についてご説明します。

 

アトピー性皮膚炎の原因

大人のアトピー性皮膚炎での重症の皮膚症状の一つは、難治性の湿疹やかゆみのある発疹が全身に発症し、通常の外来治療が効かないタイプと、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)の使用に基づくと考えられるタイプがあり、この二つの原因が複合化されているのが一般的です。

アトピー性皮膚炎の難治化や慢性化が進行している原因としては、ステロイド薬以外に精神的なストレス感染症紫外線ハウスダスト等のアレルゲンなどの影響、化学薬品が含まれるシャンプーや石けん洗剤や化学繊維の衣類等を日常的に使用することで皮膚のバリア機能の破壊されていることも考えられています。

病気に付いて

 

 

日常生活での注意点

まずは、肌を清潔に保ちましょう。しかし、シャワーや入浴を40℃以上の温度で長時間にわたって浴びてしまうと、肌がより乾燥してしまいますので十分に注意して下さい。お肌にやさしいオーガニックコットンやヘンプ等の天然繊維の衣類の選択ダニや埃等によるアレルギーを抑えるためのお掃除化学物質の含まれないバランス良いビタミンの多い和食を中心とした食生活シアバターや蜜蝋等の天然で安全なものを使用した日常のスキンケアよく笑いよく寝てよく体を動かす事が大切です。

ステロイド剤は一時的に症状を改善させても、直ぐにリバウンドの症状が起こり、慢性化させてしまうリスクがあります。まずは辛くとも薬に頼らず、生活環境を変え、時間をかけながら少しずつ改善していくことを心がけましょう。また、重度の症状の場合はかならず自然治癒力と薬害に知識のある専門医に相談をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す