アナフィラキシーショックの実験動画がすごいことに・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

アナフィラキーショックとは?

アナフィラキーショックとはどういったものでしょう。

I型アレルギー反応によって起こる一番激烈な症状を示す状態がアナフィラキーショックです。I型アレルギー反応による病気は、その反応が気道で起こった場合には気管支喘息になり、鼻で起こった場合はアレルギー性鼻炎となり、患部が限定される病気が大部分です。しかしながら、アナフィラキシーショックは、部分的ではなく全身的な症状で短時間のうちに起こるのが特徴とされています。

 

アナフィラキーショックの原因

では、アナフィラキーショックの原因について説明をします。アナフィラキーショックの原因は、主に注射による薬物が考えられペニシリンやセフェム系などの抗生物質・解熱鎮痛薬・破傷風ジフテリアなどの抗血清・解毒薬ヨード造影剤などが代表的です。

しかし、注射による薬物でなくても内服剤や点眼薬で起こるケースが稀にあります。それ以外にもアレルギー皮膚反応やアレルギーを改善する治療法である減感作療法に使うアレルゲンエキス・ハチの毒・そば・海老・魚貝類などの食物によっても起こる場合があります。

その中でも一番注意が必要なのは薬物です。アトピー体質の人は、抗生物質などの薬物の使用を受ける場合に必ず医師に申し出ることが必要でしょう。

アナフィラキーショックの症状

アナフィラキーショックの症状についてご説明します。症状としては口や手足のしびれ・じんま疹・冷や汗等が発症し、徐々に脈が弱くなり血圧が急激に低下するのが特徴なのです。

そのままの状態で放置すると呼吸困難・動脈血の酸素不足のため皮膚や粘膜が青白くなる反応であるチアノーゼ・意識を失うといった激しい反応が見られます。このような病変の進行はとても速いですから治療が遅れると死亡することもあります。以上のような症状があれば、迅速な診断と治療が必要でから迷わずに判断してください。

 

アナフィラキーショックの治療

アナフィラキーショックの治療についてご紹介しておきましょう。意識障害や血圧低下などを伴ったアナフィラキシーショックを起こし際は救急処置が必要です。ショック症状は注射によって起こりやすく、注射後数分でショックが起こる場合が大半で病院内にいればすぐに処置できますが、内服剤などが原因で自宅などで発生した場合はすぐに救急車を呼び病院に向かってください

家族がつきそえる場合は、頭に向かう血液の量を増やすように頭を低くして両足を上げた姿勢をとらせてましょう。病院では、エピネフリン/アドレナリンの皮下注射・点滴・血圧を上げる薬やステロイド/副腎皮質ホルモン薬の注射などを行ないます。

このような処置が速やかにできた場合は、比較的短時間で自然に治っていきますが、手遅れになると生命の危険が出てきます。

薬で風邪が治るということはありません。そして薬には必ずリスクが伴うと言うことをしっかり把握しておきましょう。

アナフィラキシーショックの実験動画をぜひご覧ください。

企画:藤沢薬品工業株式会社 後援:財団法人 日本アレルギー協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す