危険な化粧水ではケアできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

美肌効果であったり、ニキビ予防の効果があるとうたった様々な化粧水がありますが、基本的に水分補給をして肌の乾燥を防ぎハリを持たせることが化粧水の役割になるため、成分はどの化粧水もほぼ同じものがほとんどです。

化粧水はお肌を守る?

化粧水のパッケージの成分を見てみると大抵は見たこともないような成分が列記されています。

グリセリンやBG/ジプロピレングリコール/PEG-○○(多価アルコール類)や、ベタインやピロリドンカルボン酸Na等のアミノ酸類やマルチトールのような糖類になります。これらは角質層に浸透して水分量をキープする役割があります。

さらにヒアルロン酸/コラーゲンなどの高分子や界面活性剤、植物のエキス類や増粘剤等、ヒアルロン酸やコラーゲンは肌の表面に膜を張ることで乾燥から守ってくれます。皮膚を引き締めるアストリンゼント成分や皮膚にうるおいを与えて乾燥を防ぐモイスチャー成分や皮膚を柔軟にするエモリエント成分等も含まれています。

安全なケアには手作り化粧水

ただし、一般的に安全とされていますが、これらを含む化粧水の成分には注意が必要です。

まず、植物エキス配合というものは、その化粧水に数%しか含まれていない場合が殆どで、含まれていたとしても全成分表示の上位には出てきません。植物エキスを抽出するのに大量の化学物質が使用されている場合もあり、ものによっては高濃度になるとベタツキが気になったりニキビの元になったりしてしまいます。

スキンケア

最近では防腐剤や、石油系の界面活性剤、その他香料等の多くの化学物質が含まれており、使用することで肌への負荷を与え、より乾燥させてしまうようなものも多くあるので注意しましょう。

自然派化粧品や手作りコスメなども注目されています。精製水や焼酎、どくだみやアロエや柑橘類等を使用して安全な手作りコスメを作ることが可能です。ぜひ安全で負荷をかけない化粧水を使用して、いつまでもハリと艶のある肌を守りましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す