安全な衣料と生産の実態

普通のコットンの危険性

2013.08.29

  前回の記事ではコットンに付いて、そしてコットンとオーガンニックコットンの違いに付いて触れさせて頂きました。化学物質を利用せずに栽培されたオーガニックコットンの栽培面積は全体のわずか0.8%にすぎません...     

コットンとオーガニックコットンの違い 

2013.08.29

  前回、コットンは『危険な繊維』で、オーガニックコットンや麻素材は『安全な繊維』であるとお話をさせて頂きました。今回はコットンに付いてと、普通のコットンとオーガニックコットンの違いに付いて詳しくお話をさ...     

危険な天然繊維と安全な天然繊維

2013.08.29

  前回から天然繊維に付いてお話をさせてきて頂いておりますが、「天然」と耳にするとそれだけで安全でなにか貴重な様なイメージを感じでしまします。しかし、天然繊維は本当に安全なのでしょうか?結論から言いますと...     

天然繊維とは

2013.08.29

  繊維の種類は大きく分けると、自然界のものを原料とした「天然繊維」、主に石油を原料とした「化学繊維」の二種類に区分されます。今までは「化学繊維」についてお話をさせて頂いておりましたが、今回以降は徹底的に...     

生産工場からは有毒物質が垂れ流し

2013.08.29

  前回の記事ではコンバースのTシャツからNPEが検出された事をあげ、さらにはフィリピンでの工業排水による環境汚染についてお話をさせて頂きました。この生産工場からは有毒物質が垂れ流しになっている実態は何も...     

有名ブランドだって危険!!

2013.08.29

  前回はグリーンピースの素晴らしい調査「ダーティ・ランドリー」によって、有名スポーツブランドウェアの危険性が暴かれたことをご紹介しました。しかし、その際に暴かれたのは、実はスポーツブランドだけではありま...     

ユニクロは危険!?

2013.08.29

  量販店が販売する安価な衣料品には様々な危険性があるということを、前回はお話させて頂きました。そこで今回はこの様なニュースに着目をしたいと思います。 『ユニクロなどブランド服から環境ホルモン』 ...     

安さ=危険度(リスク)

2013.08.29

  前回の記事では、量販店の安価な衣類がとても流通していることを上げ、その一方で価格が高くなってしまう天然素材の流通が少ないという事をご紹介させて頂きました。やはり、我々消費者としては「少しでも安いほうが...