安全な食事と食品

農薬の危険性と人体への影響

2013.11.27

  日本では4000種類を超える農薬が登録されています。そして、農薬には多くの種類があり、その分類の仕方も様々です。農林水産省では、殺虫剤、殺菌剤、殺虫殺菌剤、除草剤、殺そ剤、植物成長調整剤、その他の7種...     

輸入品はハイリスク!!

2013.11.27

  『ポストハーベスト』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、日本から海外への輸出には禁止されているのですが、農作物等の輸送時に害虫やカビの発生などによる損失を防ぐためにおこなう薬剤処理の事です...     

残留農薬には要注意!!

2013.11.27

  農薬は、病害虫や雑草などの防除、作物の生理機能の抑制などを目的として農作物に散布された後、ただちに消失するわけではありません。このため作物に付着した農薬が収穫された農作物に残り人の口に入ったり、農薬が...     

TPPの危険性

2013.11.27

  TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは、日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定(EPA)の事を指し、2013年に安倍政権が「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」として事実上...     

日本にもあるモンサント 狙いは米!!

2013.11.27

  遺伝子組み換え作物の危険性、そしてモンサント社の危険性を今までにご紹介をしてきました。モンサント社はブラジルの大豆・メキシコのトウモロコシ・インドの綿のように、主となる生産物や主食をターゲットにしてき...     

日本は遺伝子組み換え作物輸入世界一

2013.11.27

  日本の食料自給率は、戦後以降低下し続けています。昭和40年度には自給率は73%だったにも関わらず、平成24年度には39%まで低下しています。その低下した分を輸入に頼っているのが現状であり、それにより様...     

ミツバチがいなくなれば人類は滅びる

2013.11.27

  かのアインシュタインは、「もし、ハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上生きられない」と予言しました。その理由は、ハチがいなくなると受粉できなくなり野菜や果物が生産されなくなってしまうからです。そ...     

爆弾より脅威的なタネ独占と食料支配

2013.11.27

  遺伝子組み換え作物の種の世界シェア90%を占める程の独占力を持つモンサントの危険性について前回はお話をさせて頂きました。遺伝子組み換え作物は生物の身体、植物、そして生態系にまで影響を及ぼすという事は既...     

世界一危険なモンサントの真実

2013.11.27

  バイオ技術大手モンサント社は、人間の健康および環境の両方に脅威を与えているという理由で、NaturalSocietyによって2011年のワースト1企業と烙印を押されました。世界一危険な企業モンサントの...