住居に使われる沢山の化学物質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

化学物質過敏症の原因となっている化学物質は、普段のの住環境に数多く存在しています。住宅を建築する時点で大量に化学物質が使用されているのです。

建築時点で化学物質だらけ

建材となる合板や材木や壁紙等、さらには施工過程で使用される接着剤や塗料。一般的な住宅建築は、接着材だけでもドラム缶一つ分・約1t程度が当然のように利用されています。シロアリ発生を防止する防虫剤や防腐剤、塗料にも大量に化学物質は含みます。この他にも床下のシロアリ駆除に使用さる有機リン剤、畳や絨毯の防湿加工、カーテンの防炎加工。壁紙の有機溶剤、フローリングのワックス、室内のビニール製品やプラスチック製品。畳の防虫剤等々、数えだしたらきりがないほどに使用されています。

安全な住居


生活の中にも化学物質が沢山

また、この他にも香水や化粧品、お香や防臭剤、芳香剤やヘアスプレー。殺虫剤や食品トレイ等のケース類、食品添加物やインスタント食品等、生活日用品等にも化学物質は含まれています。例えば、殺虫剤を室内で使用すると、散布したあとは4日間は殺虫成分が残ります。

このように住居の中には化学物質が沢山存在しています。その為、化学物質過敏症の具体的な症状や対策等、正しい知識を身に付けておくべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す