つらいウツ病から回復していく改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

仕事が忙し過ぎたり体調不良など、誰でも原因はちょっとしたことから陥る可能性があるのがウツ病です。ここでは、辛いうつ病から改善していく方法をご紹介させて頂きます。

 

つらいウツ病の改善方法

●ウツによる過食を防ぎましょう。
ウツになると過食をする様になる傾向がある為に、気をつけましょう。

●精神的ストレスにはダークチョコが有効です。
ジャンクフードを日常的に摂取している人は、そうでない人と比較すると、ウツの症状が出る割合が約51%高いと言われています。間食やおやつが止められない人にはダークチョコレートを食べることが推薦されています。

コーヒーがうつのリスクを低下してくれます。
1日に平均4杯のコーヒーを口にする女性は、ほとんどコーヒーを飲まない女性よりも、20パーセントもウツになるリスクが低いことが発表されました。フィンランドでも類似の研究がされており、コーヒーを毎日飲む女性は、自殺する可能性が極めて低いことが明らかになっています。

ウツに有効な食べ物を摂取しましょう。
ウツ病を防いでくれるヨーグルト・鮭・さんまなどビタミンDが豊富な食べ物を摂取しましょう。また、お肉・ほうれんそう・豆類・魚などのビタミンB群やチョコレート等も抗うつには効果的だとされています。ヨーグルトを含め乳製品に含まれるプロバイオティクスは、不安やウツ病に関連した障害の治療に有効だという研究結果を英国のニュースサイトが発表しました。

ジャスミンの香りで気分を盛り上げましょう。
ジャスミンには心の不安感を癒したり、軽度のウツ症状を緩和したりする効果があるといわれています。ハーブティーやアロマ等で気軽に取り入れることが可能です。

 

考え方や生活主観に変化を

太陽の光を浴びて身体を冷やさないようにしましょう。
女性は男性の4倍も、季節性うつになってしまう傾向にあると指摘しています。これには女性の冷えが関係しています。また、冬場は特に日照時間も少ないので、うつになりやすい時期と言われています。日照時間が短くなると心のバランスを整える働きがある物質であるセロトニンが減少してしまうのです。

リズム運動でセロトニンを増やしましょう。
徒歩のリズム運動でセロトニンを増やすのは、ウツ対策にとても効果的です。リズム感を持って歩く様に心がけて下さい。通勤時間等に実践してみましょう。

完璧主義にならないことです。
仕事ができるタイプの女性ほど注意が必要なのが産後のうつ症状です。完璧を求める事で心労がおきてしまいますので、無理をせずにゆったりと心に余裕を持ちましょう。

病気に付いて

 

自分に否定的な言葉を意識して使わないようにしましょう。
「ちょっと太っちゃった!」が口癖の女性は、うつ病のリスクが高いことが明らかになっています。自分に否定的な言葉を言う頻度が高ければ高いほど、自分の身体に対する満足度は低くなり落ちこみの度合いが強いことが研究発表されました。

嫌な思い出は忘れてしまいましょう。
誰にでもある嫌な思い出ですが、その思い出とどのようにつき合うかによって、ウツ病になりやすいタイプとそうでないタイプに分かれます。嫌な思い出を繰り返して思い出すタイプの人達はうつ病のリスクが高い為、嫌な思い出は早く忘れるようにしたり、別の見方・考え方・受け止め方を取り入れて下さい。

軽度のウツは、食事や運動など日常の心がけがで改善することが可能です。忙しい毎日でも自分の内面を見つめ、ウツの兆候を見逃ず、且つ、その状態を長引かせないような生活環境や考え方を改めることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す