頭を切った時の応急処置〜ぶつけて出血がある場合は何科?子供の場合は?〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

頭部をぶつける等して切ってしまい、出血がある場合、慌ててしまうかも知れませんが、まずはこちらの記事をご覧下さい。
応急処置の方法、病院について、術後の経過等についてご紹介させて頂きます。

頭の怪我

頭を切った場合の応急処置方法★病院・通院・術後について

頭部は出血が多いもの★まずは落ち着いて順序よく

血流が豊富なので、少しの傷でも多くの出血で驚くことと思われます。また、少し打っただけでも深い傷になっていることがあります。

頭部は、皮膚のすぐ下に動静脈が通っており、皮膚に傷ができればいつでも出血しやすい状態です。子どもはさらに血管が切れやすいので、傷ができやすいのです。

まずは、落ち着いて傷口を確認しましょう。この時に、擦り傷程度であれば、水で簡単に洗い、10分程度の止血で出血を抑えることが可能です。その後、放置しておけば治ります。

水で洗い、清潔なガーゼ等を直接傷口に当て、その上から圧迫して止血します。出血が気になるかもしれませんが、しばらくは放さずに抑えたままにして、安静にして下さい。

頭部止血

もしも、大出血で血が止まらない場合は直ぐに病院へ行って下さい。また、出血が止まったとしても、ぱっくりとした傷が出来てしまった場合、再び傷口が開いてしまうケースがありますので、病院に向かって下さい。

頭を切った場合は「外科疾患」です。出血量が多い時や頭のケガで意識をなくした場合等は、救急車を呼び救急病院へ行くことをおすすめします。

病院

頭部を打って病院に必ず行く緊急の場合

頭部を打ち、下記の症状が現れた場合は、すぐに病院に連れていき、受診して下さい。

・意識がない、頭を打った直後なのに全く泣かない(子供)

・頭痛がひどい

・嘔吐、けいれんがある

・打った箇所が凹んでいる

・体の片側に麻痺がある

・目の焦点が合わない

・鼻や耳から透明な液が出ている

また、頭をぶつけてしばらくは異常がなくても、数週間〜数カ月後かけて硬膜と脳の間に少しずつ血液の塊が形成され、徐々に痛み・片方の麻痺・意識症状や認知症に似た症状が現れる「慢性硬膜下血腫」がまれにあるので注意が必要です。

適切な治療で改善するものの、子どもの場合は、脳機能障害を残す可能性が高ますので、いつもと様子が違う場合等は、必ず病院で診断を受けて下さい。

救急車

頭部出血時の病院・処置・通院・抜糸について

部位や傷の程度にもよりますが、擦り傷程度であればテープ、それほど深くないような小さな傷ならホッチキス(スキンステープラー)、それ以外は縫合で傷口を塞ぎます。

小さな傷であれば3日程度で抜糸されます。大きな傷の場合は、1週間から長いと2週間近く抜糸まで時間が掛かる事があります。

ご自身の判断で、傷口に薬剤等を塗布したりせずに、医師の診断の元、通院や処置を行って下さい。

頭部出血処置後の入浴・洗髪・シャンプーについて

入浴などにより傷が開く恐れがあります。当日の入浴はやめ、蒸しタオル等で体を拭いてやると良いでしょう。

洗髪は、小さな傷であれば2日後から洗髪が行え、大きな傷は1週間後位から洗髪が行えます。医師の診断の元、行う様にして下さい。

シャンプーを使用しなくても十分に綺麗になります。シャンプーでカサブタ等を取ってしまう事もありますので、お湯だけですすぎ洗いを行う様にして下さい。また、スタイリング剤等は使用しないで下さい。

洗髪

頭部からの出血は驚かれると思われますが、冷静に処置を行う様に心掛けてみて下さい。

掲載画像
『応急手当Web』
http://www.hokkaido.med.or.jp/firstaid/syobyo25/contents012.htm

『来夢来人』
http://www.civillink.net/fsozai/kyukyu.html

『子供と動物のイラスト屋さん』
http://www.fumira.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅に救急セットはありますか?

万が一のときのため、家庭に救急セットを準備しておくことは大切です。風邪薬などの常備薬がある家庭は多いですが、ほとんどの家庭ではしっかりとした防災用・緊急用の救急セットの準備がないようです。

特にお子様が幼稚園から小学中学年ぐらいまでは、転んで頭を打ったり、階段から落ちて骨折したり、またはビンなどが割れて大量出血することもあります。当然、すぐに救急車を呼ぶことになりますが、救急車が到着するまで10分から30分以上かかることもあります。その間、自宅でどれぐらいの応急処置ができるかで治る速さや、危ないときの生存率が変わってきます。

何か起きてからでは遅いです。もし自宅に救急セットの準備が無い場合は、是非今のうちに準備しておき、予想外の災難に対応できるようにしておきましょう。また、日本ではいつ地震などの自然災害が起きるか分かりません。防災グッズは準備している家庭も多いようですが、その中に救急セットを入れている人は少ないです。防災セットと救急セットを自宅に常備しておけば、予想外の出来事が起きても対応できます。

家庭に必ず欲しい最低限の救急セット

救急セットを選ぶ上で大切なのは、例えば頭を強くぶつけたときなどに、どのような対処したら良いか分からないので、救急セットに対処マニュアルがついているものにすることです。知識が無ければ救急セットがあっても何の役にも立ちません。

さらに、出血に備えてガーゼや消毒液、三角巾などもあるといろいろなことに使えるので便利です。さらに、どうせなら防災時にも利用できるものが良いです。

それらを全て満たしているのがこちらの救急セットです。応急手当の簡単マニュアル付きで、防災時にも利用できます。万が一に備えて家庭、オフィス、車の中に常備しておくと良いかもしれませんね。

最低限必要な救急・防災・非常用救急箱

SNSでもご購読できます。

コメントを残す