不妊症の治療方法・治療費まとめ~鍼治療と漢方について~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不妊治療に、鍼治療は有効で妊娠確率を高めるということがHealthCMiに掲載され下記の内容が記されていました。

鍼治療により、子宮の血流が増加するため子宮内膜症の改善が期待でき、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に悩む女性の排卵を改善する効果があるという。

米国生殖医学会義が、体外受精を受ける女性が感じるストレスと鍼治療の相関関係に関し臨床試験を行なったところ、体外受精の際、合わせて鍼治療を受けると不妊治療によるストレスが緩和すると判明した。

体外受精患者87名を対象に、被験者を体外受精と合わせて鍼治療を全く受けていない女性、一度のみ受けた女性、1か月以上に亘り何度も鍼治療を受けた女性に分類して比較実験を行なった。

米国生殖医学会義によると、受精卵移植を行う1ヶ月以上前より繰り返し鍼治療を続けた女性は、明らかにストレスが軽減したという。

一方、受精卵移植の当日に一度飲み鍼治療を受けた女性は、ストレスが増加した。また、一度飲み鍼治療を受けた女性と全く受けていない女性のストレス度合いには大差がないと分かった。

臨床試験結果より、専門家らは、鍼治療に体外受精におけるストレスを緩和する効果があると断言している。

 

鍼治療

不妊症の治療方法・治療費まとめ~鍼治療と漢方について~

不妊症の治療方法・治療費まとめ

不妊の治療方法は、大きく分けて2つあります。1つは、不妊の原因を取り除起き、身体を正常な状態に戻してから、セックスによって「自然妊娠」するのを待つ方法です。

もう1つは、人工授精や体外受精等の産婦人科医療技術による「人工妊娠」です。

不妊治療は、検査をしながら段階的に行なっていきます。理想は自然妊娠ですが、原因がわからない場合、一般的な治療では妊娠が望めない場合には、人工妊娠の方法を選択して不妊治療を行います。

不妊治療は、長期間になることもあり、それを受け入れる覚悟も必要です。また、夫婦ともに治療について正しく理解し、納得して進めていくことが大切です。

一般的な不妊治療(カウンセリング・性交のタイミング指導)

一般的な不妊治療は、検査と並行して行われます。不妊の原因が病気による場合は、まずその治療が先決となります。

性交のタイミング指導は、ごく初歩的な治療ですが、かなりの人に効果があるものです。基礎体温を観察しながら、排卵のチャンスを逃さないようにします。

不妊カウンセリング

タイミング療法
最初のステップとして行われるのが「タイミング療法」です。

超音波検査やホルモン検査等を参考にして医師が排卵日を推測し、指定された日に性交渉を持つ方法です。

タイミング療法の保険適用条件は若干複雑です。排卵誘発剤の使用・不使用等によって変わり、しかも回数制限もあるようです。尚、タイミング療法は健康保険が適用されるので料金は数千円程度と言われています。

内服薬による治療

排卵障害がある人は漢方薬、クロミッドなどの軽い排卵誘発剤、高プロラクチン血症の人はパーロデル、黄体機能不全の人は黄体ホルモン剤等を服用します。

男性不妊の比較的軽度な場合も、漢方薬等の内服薬による治療が行われます。

漢方薬

注射による治療

内服薬を服用しても効果がない場合は、注射によってHMG(下垂体性性腺刺激ホルモン)という強い排卵誘発剤を使います。

卵管通水・通気法
卵管通水法は、滅菌生理食塩水を使って、軽い卵管の詰まりを取り除く方法です。通気法は炭酸ガスを使って、卵管の動きを改善する方法です。

高度医療による治療

一般的な不妊治療で妊娠できない場合、さらに高度な治療の選択を次の手段として考えなくてはなりません。これらの治療は、保険が適用されず、費用が高くなる場合もありますので、事前に料金システムを確認し、夫婦間・医師とよく話し合い、治療を進めるようにしましょう。

AIH(配偶者間人工授精)

夫の精子を細いチューブで妻の子宮に入れる方法で、子宮頸管に異常がある場合等に行います。

精子の動きが悪い、数が少ない等の精子に異常がある場合は、状態の良いものだけを選別して使用します。

タイミング療法を半年から一年行なっても妊娠しない場合、次のステップとして人工授精に移るのが一般的です。

人工授精とは、排卵日に合わせて精子を採取し人工的に子宮の中へ精子を送り込む方法のことを言います。
子宮頸管の状態が悪くて精子が上手く子宮まで辿り着けない場合や、精子の運動率が低い場合等に有効です。

施設差はありますが、人工授精の1回あたりの妊娠率は5~10%程度、料金は1回あたり1~3万円程度となっています。

つないだ手

体外受精
体外受精や顕微授精などの高度な不妊治療はART(生殖補助医療技術)と呼ばれます。

体外受精は、女性の卵巣から排卵を誘発してから採卵し、選別した精子と受精させます。その後、受精卵を子宮内に移植し、着床させる方法です。

人工授精を6回程度行なっても妊娠しない場合は体外受精や顕微授精といったより高度な不妊治療を行うのが一般的です。

受精・培養した胚だけを戻すため、自然妊娠や人工授精よりも妊娠する確率は高く、1回あたりの妊娠率は約25%と言われています。

ギフト法(配偶子卵管内移植方法)
卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精と同じですが、それらを混ぜ合わせて卵管内に移植する方法です。

体外受精の料金は1回につき30~50万円程度で、年に2~3回受けるケースが多いようです。

顕微授精
卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精やギフト法と同じですが、顕微鏡を見ながら、人工的に卵子の中に精子を入れて受精させる方法です。

精子に異常がある男性不妊に対し、威力を発揮する治療方法として注目されています。

顕微授精の料金は1回につき35~55万円程度となります

不妊症にオススメの漢方とは??

・婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)
基礎体温が上がることで、妊娠しやすい身体に変化すると言われています。
更年期障害による下記疾患:頭痛、肩こり、貧血、腰痛、目まい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性などの改善

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害など

・加味逍遥散(カミショウヨウサン)
疲れやすい、肩こり、更年期障害、月経困難、月経不順、冷え症、不眠症など

・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなど

・補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
男性不妊に効果を発揮

・芎帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)
産後の衰弱、血の道症、月経不順、骨盤内鬱血症候群、貧血症、痔疾患、体力低下、自律神経失調症、乳汁分泌不足

・杞菊地黄丸(コギクジオウガン)
かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下など

▼こちらの方法で、不妊症を改善された方もいますので、ぜひご覧ください。


TGP生活で無理の無い不妊治療を!!

参照サイト一覧
『HealthCMi』
http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1447-acupuncture-reduces-stress-for-ivf-fertility-treatment
『不妊ブログ|不妊治療を受けるべきか?』
http://funinblog.net/funinchiryou.html
『神奈川レディースクリニック|各治療方法と方針』
http://www.klc.jp/cure/
『NAVERまとめ|効果絶大!不妊症によく用いられる『漢方薬』まとめ』
http://matome.naver.jp/odai/2136567453799258501掲載画像一覧
『みのり整骨院』
http://minori-seikotsuin.com/
『山下レディースクリニック』
http://www.ylc.jp/s/inquiry/counseling.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す