後頭部にズキズキ感じる頭痛の症状と対処法〜症状別チェックリスト〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

後頭部にズキズキとしたイヤ〜な頭痛が生じた場合には、その原因を特定し、解消したいところです。そこで、今回は後頭部に現れる頭痛の症状と対処方法、そして症状別の原因をご紹介させて頂きます。

後頭部にズキズキ感じる頭痛の症状と対処法〜症状別チェックリスト〜

後頭部の頭痛を引き起こす主な症状には、主に次のものがあげられます。

・後頭神経痛
・筋緊張型頭痛
・くも膜下出血

後頭神経痛(頭部神経痛)による頭痛の症状と対処法

後頭神経痛(頭部神経痛)は、後頭部の神経が刺激されることで痛みが生じる頭痛です。後頭部には、後頭神経という神経が後頭部の真ん中付近から頭頂部にかけて左右1本ずつあります。

頭部神経痛

ストレスにより周囲の筋肉が緊張し、後頭神経を刺激することが原因で頭痛を生じさせます。長時間のパソコン操作、猫背などの元々の姿勢に問題がある場合や肩こりがあるなどの人が後頭神経痛になりやすいと言われています。

後頭神経痛の症状の特徴は、後頭部にズキズキ、キリキリとした痛みが生じ、耳の後ろ側にまで痛みが生じます。雨が降る前に痛みが発生することもあるのです。

頭部神経痛

後頭神経痛の治療方法として、まずはストレスを解消し、生活習慣の見直しをしましょう。首筋を温めて筋肉のコリをほぐし、痛む部分をマッサージしましょう。また、柔らかい枕で高さを調整する事で軽減することも可能です。

筋緊張型頭痛による頭痛の症状と対処法

筋緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張が原因で生じる頭痛で、30〜50歳代に多く発症します。肩や首の筋肉が緊張して血流が悪くなり、血管が拡張することで周囲にある神経を刺激して痛みを生じさせているのです。

筋緊張型頭痛

筋緊張型頭痛の痛みの特徴は、後頭部から頭全体にかけて締め付けられるような痛みが生じ、一度発生するとほぼ毎日に近い頻度で発生します。

症状を緩和するには、筋肉のコリを解消して血流を促進することで改善されます。デスクワークの時間が多い人は、できるだけ正しい姿勢で、定期的にストレッチを行いましょう。また、ゆっくりと入浴し、就寝前にはストレッチをして下さい。

ストレッチ

くも膜下出血による頭痛の症状と対処法

くも膜下出血は、場合によっては命に関わる場合があります。脳内の血管の一部が破れることで出血がおこる病気のことで、発症時に後頭部や頭全体に突然ハンマーで叩かれた様な激しい頭痛を伴うことがあります。再出血の予防と脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)の予防を行うことが重要で、早急に対策を行って下さい。

くも膜下出血

症状が生じた場合には、すぐに救急車を呼び、動かずに安静にして深呼吸をして待ち、専門の医師の治療を受けることが大切です。

救急車

くも膜下出血を予防にするには、高血圧の人は日ごろから血圧に注意し、塩分やアルコールを控え、禁煙しましょう。血圧の乱高下や突然の頭痛、頭のモヤモヤ感、目の痛みなどの前兆があったら場合は必ず専門の医療施設で受診しましょう。

後頭部にズキズキ感じる頭痛の症状別チェックリスト

左後頭部(頭の左後ろ)の痛み →偏頭痛、緊張型頭痛、後頭神経痛、高血圧、くも膜下出血などが疑われます。

右後頭部のズキズキ頭痛 →左後頭部の痛みと同様に、偏頭痛、緊張型頭痛、後頭神経痛、高血圧、くも膜下出血などが疑われます。

後頭部が重い →緊張型頭痛(肩こり)が疑われます。

押すと痛い →頭部神経痛が疑われます。

後頭部の痛みと吐き気 →後頭神経痛の可能性が高いです。片頭痛は吐き気や嘔吐なども伴う場合もあります。

後頭部の腫れ、痛み、コブ、しこり →後頭部の腫れやしこりは多くの場合、固い・痛い・熱を持っている状態であるなら後頭部が長時間緊張していたことが理由です。首がこると血液が鬱血し、筋肉の先端が硬直してコブのようになるので炎症をおこしているわけではありません。症状が少し軽減してからゆっくり指圧すると、肩こりが治り改善されていきます。出来て数日間は腫れが酷いですが、1週間程度で良くなります。

小さなお子様の場合は、リンパの腫れが原因の場合もあるので、その場合は、耳鼻科等に行き、中学生以上の方ならは脳神経外科に行きましょう。この他には粉瘤、脂肪腫の場合は通常は良性ですが、脂肪肉腫等の場合もあるので、改善しないようであれば受診してください。

後頭部の頭痛を和らげるツボとは??

後頭部の頭痛を和らげる為に重要な事は、こわばった筋肉をほぐして血行をよくすることです。首の裏側に並ぶ『あ門』『天柱』『風池』は、頚部の血行を良くして頭部の血液がスムーズに流れる効果があります。また、『百会』はリラックス効果があり、手の甲にある『合谷』、足のくるぶしの『崑崙』は痛みを和らげるのに最適なツボです。

あ門
天柱・風池
百会
合谷
崑崙

後頭部のズキズキ頭痛は、生活習慣を見直し予防すると共に、症状が発症したら適切な対応を行って、しっかりと解消しましょう。

ズツノンDr.は現役の内科医が自分自身の片頭痛をきっかけに、頭痛持ちの女性の為に2年以上の歳月をかけて開発されたドクターズサプリメントです。

偏頭痛を持つドクター自身が開発したサプリメントなので、一般的に流通しているもの違って内容には説得力があります。

長年の偏頭痛に悩まされた人から、これを飲んで改善したという報告がどんどん届いているのだそう。

多くの頭痛研究者が推奨する、西洋ハーブやビタミン・マグネシウムに1800年以上前から中国で処方されてきた頭痛に効果のある8種類の漢方成分を配合。西洋と東洋のナチュラル成分を贅沢に配合した成分はズツノンDrのみです。

薬を使って偏頭痛から逃れるのはもう嫌だという方におすすめのサプリメントです。実感いただけたという声は実に90%以上。これは本物かもしれません。偏頭痛に悩む方は是非チャレンジしてみてください。

掲載画像
『くどうちあき脳神経外科クリニック』
http://www.kudohchiaki.com/minilecture/06
『GenoMarker』
http://www.genomarker.jp/inspection/10.html
『日本成人病予防協会』
http://www.japa.org/kk_jyouhou/00/n0005/
『眠れる森の美女プロジェクト』
http://www.woman-style.jp/sleeping/koza/06.html
『ツボです!』
http://www.tubodesu.com/head01+index.id+4.htm
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す