大麻が合法化された時代をまじめに考えた結果、相当ヤバイことが分かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

大麻と聞くと、悪いもの(薬物)というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?しかし、大麻は古来から日本にあり、日本人は麻とともに生きてきました。

人々は衣服や食用に日ごろから親しんで利用し、神社やお寺では神聖なものにも利用されてきました。大麻は麻薬というイメージが強いですが、実は日本古来のいわゆる産業用大麻は、THC(テトラヒドロカンナビノール)という幻覚作用を持つ成分が0.3%以下しか含んでなく、麻薬と呼ばれる医薬品や禁止嗜好品として使われるTHC3%以上含まれる大麻とは別の物なのです。

そんな大麻が持つ力を我々日本人が使えるときがきたらどうなるか調べてみた結果、世界から戦争がなくなり、環境破壊や森林伐採もなくなり、エコで空気もきれいで安心して子供たちを育てることができる素晴らしい世界を作っていくことが分かりました。

安全な居住環境

大麻が合法化されればこんな素晴らしい世界がやってくる。

「大麻が合法化!?そんな事有り得ない!」なんて思っている方がほとんどだと思います。大麻と言うと「マリファナでしょ!」と言うイメージが強く、栽培しようものならすぐに逮捕、厳罰が待っています。しかし、大麻は万能で素晴らしい植物であり、葉や茎から様々なものを作ることができることを知っていますでしょうか?

大麻から出来る製品で環境破壊も無くなって良い事だらけ

大麻の茎からは紙や繊維製品・建材・プラスチック等を作る事が出来ます。

森を資源とし、最もポピュラーなものと言えば「紙」です。世界で1人が1年間に平均約56.8kgの紙を消費し、日本では1人当たり年間約220kgも紙を消費しています。

この消費量は世界で6番目で1日当たり約604g、A4の紙を約121枚分使用しています。その紙を作るにはたくさんの森林が破壊されており、生態系や土壌・水系を弱らせるだけでなく、地球温暖化の大きな要因にもなっています。(※1)

安全な居住環境

紙を作るにはどうしても木材が必要と思うかもしれませんが、実は森林を破壊せずに紙を作ることが出来るのが大麻なのです。大麻からどの程度紙が作れるのかと言うと、同じ面積当たりの森林と大麻畑では、大麻の方が森林よりも約4倍も多く紙が作れると言われています。

しかし、伐採された森林が再生するまでには約50年かかるとされていますが、一年草である産業用大麻は約90日で3m程まで成長するので毎年栽培する事が出来ます。

ちなみに、ヨーロッパ全土の約12%の土地に大麻を栽培したとしたら、その年の『全世界の紙』がまかなえ、森林に全く頼らなくても良いと言われています。また、1776年のアメリカ独立宣言の起草文は大麻紙に書かれていますが、200年以上経っていても劣化が殆ど見られない程耐久性が極めて高く上質なのです。

大麻で家が出来る!?しかも化学建材よりも優秀で空気もキレイになる

大麻の茎は紙だけでなく建材にも利用できます。大麻の茎をチップ状に砕いたものと石灰を混ぜて作ったボードや、大麻繊維で作られた断熱材がフランスでは商品化されており、これらを壁用建材として使用した環境住宅が約500棟建てられています。

天然資材なので壁が呼吸し、温湿度の調整をして、夏は涼しく冬は暖かい複合建材として、エコに非常に役立っています。

化学溶剤を使った『発がん住宅』と言われるシックハウスや環境ホルモンなどの心配もなくクリーンな住宅素材を建てることができ、大麻ボードはどんな形にも形成しやすく、固まるとコンクリートの様に丈夫で非常に高い耐火性も備えています。

大麻で車も作れる!大麻から出来るヘンプオイルでガソリンもいらなくなる!

大麻の茎からは、環境に優しく、土に還元するバイオプラスチックを作る事が出来ます。1929年にアメリカのフォード社は、大麻の自動車への応用に着手し、その研究結果を1941年にポピュラーメカニック誌に『土から育ったオーガニックカー』というキャッチフレーズで掲載しました。

車体のフレームはスチールを使用しましたが、ボディの70%は大麻とサイザル麻と麦わらが使用され、残りの30%は大麻樹脂統合材から作られたヘンププラスチックボディで、大麻の趣旨から搾取した油を燃料にして走らせる事に成功しています。

安全な居住環境
この車は同型のタイプの車と比較しても重量は3分の1、衝撃強度は10倍あるという事でした。また、大麻のバイオプラスチックは石油系のプラスチックと比較しても、燃やしても有害物質を出さない点や生分解が可能な点でとても環境に優しく、抗菌作用も高い事から環境プラスチックとしての可能性を秘めています。

現在では、日本でも大麻を燃料としたヘンプカープロジェクトがあります。大麻から燃料を作る事で、化石燃料の様に重金属や硫黄を放出せず、酸性雨や大気汚染の問題を解決してくれる可能性があり、環境に優しい燃料とされています。10kgの麻の実からは約2Lのオイルを絞る事が出来、1度漉す事で不純物を取り除き、燃料として利用出来るのです。

ちなみに、北アメリカの6%の土地で燃料用に大麻を栽培した場合、アメリカは化石燃料に依存する必要が全く無くなるといわれています。

それだけではない!大麻と共に創造する素晴らしい未来!

エネルギー産業に大革命が起きる!

大麻油は燃料油・食用油・マッサージオイル・機械油・化粧品の原料・塗料の原料・健康補助食品などの多様な用途があります。さらに、大麻油には保湿成分が多く含まれており、シャンプーやリンス・リップクリーム・石鹸等、人や環境に優しい様々なコスメティック製品が製造出来ます。

医療に優れた効果を発揮する大麻

また、大麻を処方して、ガン・エイズ・白内障・緑内障・アルツハイマー・リウマチ・アトピー多発性硬化症の様な難病に劇的な効果を上げているそうです。大麻そのものに病気を治す力は無いと思いますが、大麻の花と葉に含まれるTHCが病気の治癒に関係しているとされ、人間の治癒力を高める働きがあると考えられています。

空気をキレイに!放射能汚染された土を洗浄してくれる効果も!

他に、大麻は空気中の二酸化炭素を酸素に還元する力が他の植物よりも大きく、落葉樹の3~4倍の二酸化炭素を吸収してくれます。さらに、1986年のチェルノブイリ原子力発電事務所事故後、放射性物質で周辺の土壌は汚染されましたが、土壌や水中から汚染物質を吸い上げて分解するという特性が産業用大麻にはあるといわれています。

汗を吸い、においを消す。有機麻の衣服で心も体も健康に

吸水性・発散性に優れており、肌に優しくサラッとしていて爽やかな涼感があるのが大きな特徴です。吸水性はコットンの約4倍と言われています。また、汚れても落ちやすく、洗濯にも強い素材となっています。さらに、防カビ性に優れ雑菌の繁殖を抑制する為、においも抑えてくれます。

ヘンプの繊維はコットンと比べると非常に線維細胞が細い為、触ってもチクチクする事は無く、極上の肌触りです。この極上の肌触りは疲れやストレスを解消させ、充実した睡眠や癒しの時間が得られる事でしょう。

安全な居住環境

日本古来から作られてきたもの

産業用大麻は縄文時代から伝わる伝統繊維で、お札(神宮大麻)や紙幣・神社の鈴縄・注連縄(しめなわ)・大相撲の横綱の化粧まわし・花火の火薬など様々な用途で使用され、日本の伝統文化の中でもなくてはならないものされていました。

安全な居住環境

また、日本の生活の中にも重要な役割を果たし、赤ちゃんは生まれる時のへその緒は麻糸で切り、子どもは麻の様にすくすく育つようにとの親の願いから麻の葉模様の着物を着て育てられました。さらに、結婚式では夫婦が末永く仲よく幸せである事を願って夫婦の髪を麻糸で結ぶ儀式が行われていました。

戦後は大麻というのはマリファナ(麻薬)という悪いイメージが日本では先行し、議論する余地もないぐらいそれが信じられてきました。しかし、文化・建材・紙等様々なものに使用され戦前の日本には無くてはならない存在でした。しかし、様々な理由によって戦後GHQにより『麻薬』とされ禁止されてしまいました。

<*転載開始>
『大麻は痲薬ではない.なぜなら,大麻は植物名であり,痲薬成分を含まない大麻はそこら中に生えている。』
<*転載終了>

と中部大学の武田邦彦教授はおっしゃっています。(※2) 大麻は日本のシンボルともいえる植物であり、桜が日本の国花ならば、大麻は日本の国草であるといっても良いのです。

大麻の解禁で戦争もなくなる!原発もなくなる!

大麻の有効利用により、大麻から作れる油(ヘンプオイル)にする事で国同士の争いの原因である化石燃料等の奪い合いがなくなり、戦争がこの世から無くなるかもしれません。森林伐採などの環境破壊もなくなります。

また、どんな環境でも、肥料が無くても立派に丈夫に育つ大麻には、利権の奪い合い・人の憎しみ合い、それら全てが解決に向かうカギを握っているはずです。エネルギー資源を持つ大麻によって原発をも必要としなくなり、エコでクリーンで環境破壊も無く、戦争も無い。そんな時代がもうすぐそこに待っているかもしれません。

安全な居住環境

現在はまだ大麻が禁止されていますが、大麻の力に気づいた人が最近では増えてきており、アメリカでも大麻栽培が徐々に合法化されつつあります。日本でも北海道などを始めとして大麻栽培が一部合法化の動きを見せたり、鳥取では2013年に60年ぶりの大麻栽培許可が栽培希望者におりるなど、徐々に日本でも大麻の力を取り戻しつつあります。

未来の子どもの為、優しい世界を作る為、大麻解禁に向けて共に声を上げていこうではありませんか。

大麻が日本を救う 日本で禁止されている本当のワケ!』 はこちらからご覧ください。

実は日本でも買える様々な大麻グッズ!

大麻の栽培は日本でもほとんどが禁止されていますが、ごく一部の日本で認可された大麻栽培や国外からの輸入によって様々な大麻商品を日本でも買うことができます。

大麻商品は健康的で大変優れているものばかりです。大麻に興味がある方は是非一度、大麻商品を手に入れてみてください。

大麻(ヘンプ)の下着で健康的な生活を!

女性にも男性にも大人気!ヘンプのふんどしパンツ

日本の伝統的な下着、『褌』からインスピレーションを得て作られたふんどしパンツ。生理痛、肩こり、冷え性の女性に朗報。植物の力で劇的に改善する不思議な麻布です。満月の布(糸)シリーズは化学物質過敏症の方でもご使用いただけます。

⇒この商品を見てみる

見た目が気になる方に、ヘンプふんどしショーツでストレスフリー!

開放感が素晴らしく、締め付けがないので夜にも最適なショーツタイプのヘンプパンツ。べんがら染めで淡い色に染まった麻福ヘンプ100%のふんどしはストレスフリーで気持ちよさがたまりません。また、デザインも洗練されたかわいいショーツタイプなので、ジムや温泉につけて行っても恥ずかしくありません。ゴム紐の締め付けもなく、柔らかいヘンプが直接体を優しく包み込む快感を味わうと、他のパンツはもう履けないかも?

⇒この商品を見てみる

5本指EMソックス!靴下もヘンプに!

自然界に存在する光合成細菌、酵母、乳酸菌、発酵系の糸状菌、グラム陽性の放射菌の5グループから、有用な働きをする微生物80余りの種を糖蜜の培養液の中に存在させたものです。つまり、複数の微生物を共生させた微生物資材です。

⇒この商品を見てみる

健康補助食品としてのヘンプ商品

ヘンプシードナッツ ヘンプキッチン オーガニック

カナダの契約農家で栽培した有機栽培の麻の実。
麻の実ナッツは日本では古くから八穀のひとつに数えられてきました。 麻の実ナッツのたんぱく質は必須アミノ酸をすべて含有する、良質なヘンプシードです。脂質は約80%が必須脂肪酸で構成されています。鉄、銅、亜鉛、マグネシウムがたっぷり。必須脂肪酸(オメガ3、オメガ6)のバランスがよく、ガンマ・リノレン酸も含有。麻の実の固い殻を取り除いた中身でゴマのような粒ですが、クルミのように柔らかくてクセがなく、ほんのり香ばしい風味が最高です。
⇒この商品を見てみる

参照サイト一覧(※1) 『私の森.jp│日本人の紙の消費量は?』
http://watashinomori.jp/quiz/quiz_07.html
(※2) 『大麻を正しく考える国民会議│大麻は痲薬ではない 』
http://www.taimasou.jp/index.php?takeda_2
『ヘンプカー・プロジェクト』
http://www.ooasa.jp/hemp_car/
『YAHOO!JAPANニュースBUSINESS│危険ドラッグ撲滅のため大麻解禁すべき?タバコやお酒より危険性&依存性低いとの論文』
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140914-00010000-biz_bj-nb
『世の中を語る│大麻の真実』
http://obatasensei.sakura.ne.jp/taimanoshinjitsu.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 向田桃 より:

    大変興味深く勉強になりました。
    私も大麻の合法化を願っています。

  2. 坂本一恵 より:

    実は、私の実家の仕事は鍍金工場で、東京都内ですが、土壌汚染で悩んでいます。
    仕事は不景気で閉めたいのですが、
    150坪の土地を改良するには1億円プラス解体料がかかります。土地価格以上かかり資金も無く、大変に困ってます。
    そう言う土地をキレイにする事が出来るのでしょうか? 何か鍍金に変わる良い物は無いか考えているのですが

    1. 大村智穂子 より:

      三重県に株式会社赤塚と言う、FFC テクノロジーの素晴らしい会社があります。そこのFFC のお水は、化学物質の害を消してくれるような作用があります。鉄が錆が止まったりもします。農業で農薬や除草剤を使っても、FFC の土壌活性剤と水を使えば、作物に残留しないことも証明されています。その水を土地にどんどんかけてみてはいかがでしょうか?

  3. ナチュラルフレンズ より:

    >坂本様

    大麻で土壌汚染を改善することができると考えている方は多いですし、私もそれを信じて記事を書いておりますが、実際には大麻を現在の日本において土壌汚染に利用できるとは思えません。調べてみましたが、残念ながら今のところ良い方策は無いようです。

    汚染の種類にもよりますが、その土壌汚染を研究されている大学の教授や企業の研究員の方にコンタクトをとってみて、研究やテストケースとして土地を使ってもらえないかなど話をしてみてはいかがでしょうか?そうすることにより費用を抑えることが出来るかもしれません。

  4. 海外の人 より:

    この記事は、「麻薬としてのいわゆるマリファナを解禁しろ」という話ではないですよね。
    麻の栽培をすることは、免許制になっているようですが、悪いことではないと思います。
    ただ、それを使ってオイルを作って石油の代わりになるとは、到底思えません。それほど大量の油が取れるのであれば、江戸時代以前から、麻油を使っていたと考えられます。実際は、菜種油を使っていたはずですから、菜種より麻が効率が良いとは思えないです。また、二酸化炭素関係についていえば、1年草なので、空気中の二酸化炭素を1年弱固形にできるぐらいの力しかないと思います。

    この記事では、麻が素晴らしいとどうしても言いたいのかもしれませんが、だいぶん無理があるように思いました。

  5. 山口道夫 より:

    アサ・麻。とは何か? 現在日本では、靭皮繊維「全てを」
               アサ・麻と呼ぶ事になっている。
    大麻:タイマ。という呼称を止めた方がいい、誤解が生まれる。
    大麻:オオアサ。と言えばマリファナとは別の日本に古来から自生                していたオオアサだと言う事が解る。

    ヘンプ:これも麻類にある程度の知識を持っていないと解らない。

  6. グータラ より:

    大麻は確かに悪くなく、服とか紙とか縄とかそっちのめんではその通りだと思う。ただそれ以外は少し過剰に見えます。とわいえ、紙と服ですごさは充分だと思います。紙とかトイレペーパーとか森林削るのやめて大麻にするなら日本は、一つの大きな産業になると思う。それをアニメや漫画と一緒にすればよいのでは。

  7. アブドゥッラー より:

    大麻を長年やってきて、日本は悪い事も沢山やり、内戦も繰り返し、なぜ世界が平和になりますか?
    明らかな嘘、間違いです。

  8. 匿名 より:

    大麻と聞いたら拒否反応を示す人が多いが、
    大麻の研究は進めていくべきだと思う。
    私自身も大麻の知識は全く無いが、そのような可能性があると
    提唱している人は多いようだ。ならなぜ研究だけでもしないのだろうか?
    大麻=麻薬=議論すらしない。というのは馬鹿げている。
    幻覚成分が無い大麻を作り、産業用に特化した栽培ができればいいはずだ。
    でも、それすらできないのは筆者さんが言うように石油資本の圧力があると
    言われても、可能性としては捨てきれないのだと感じました。

  9. 通りすがりの穀物農家 より:

    ヘンプの産業生産化には賛成です。
    北海道では一部の方が生産されていますが、道知事の認可が必要で簡単に生産する事にはならないのが現実です。

    一点、記事の中で

    1キロの種から2リッターの油

    記載が有りますが、油の比重は0.9程度です。
    2リッターの油は1.8キロ程の重さになりますので、記事の通りだと種から絞るのに倍に増える事になります。
    明らかな誤りだと思いますのでちゃんと調べて訂正されたら良いかと思います。
    ヘンプの実の油分は30%程度と聞いた事が有りますので、1キロの種から絞る油は0.2〜0.3リットル程度かな?と。

  10. ナチュラルフレンズ より:

    通りすがりの穀物農家様

    ご連絡ありがとうございました。
    確認したところ、記事内にタイプミスがあったことが判明しました。

    1キロの種から2リッターの油 ではなく、
    10キロの種から2リッターの油 と表現したかったのが正しい数字です。

    当ページでも紹介しているヘンプカープロジェクトのページでも、
    同様に10キロから2リッターと書かれております。
    http://www.ooasa.jp/hemp_car/

    ご指摘頂き誠にありがとうございました。

  11. 比嘉 より:

    『放射性物質で周辺の土壌は汚染されましたが、土壌や水中から汚染物質を吸い上げて分解するという特性が産業用大麻にはあるといわれています。』
    初耳です。この文章からは大麻が放射性物質を吸い上げて分解するというふうに読み取れるのですが、これが事実ならノーベル賞ものです。大麻が放射能そのものも分解して無くすことができるということなのでしょうか。

    1. ナチュラルフレンズ より:

      比嘉様

      ご意見ありがとうございます。
      産業用大麻につきましては様々な夢のような可能性が秘められているとされる一方、研究すらできないため実証することが難しいです。しかし、大麻の可能性については様々な方が意見を述べております。
      Googleで「大麻 放射能 分解」といったキーワードで検索すると、大麻が放射能を分解する可能性を言及している記事を多く見ることができますのでご参照くださいませ。
      https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E9%BA%BB%E3%80%80%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%80%80%E5%88%86%E8%A7%A3&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=l_vyV4zyCI7f8AfI7IH4Bg

  12. マクロビちゃん より:

    たいへん素晴らしい内容で、大麻の復活を願っている私としては、とても嬉しく思いました。

    ただ残念な事が一つあります。
    ヤバイという言葉はどうでしょうか?最近の若い方は、良いことにも悪い事にも、この言葉を使います。うちの子どもたちもそうです。

    ヤバイという言葉は私たちの若い頃は、まずい事があった時や悪い状況の時に使いました。
    ですから私はこの記事のたいとを見て何か悪い事を考えてしまいました。

    言葉は言霊で人の氣の中にぐっとはいっていきます。ヤバイではなく素晴らしいという様な表現にしてほしかったです。

    その方がきっとこの投稿はもっといろんな方に広がっていくと思います。

    素敵な内容だったので、そこだけが引っかかりました。重箱の隅を突っつく様な事言ってごめんなさい。

    勉強になった事は有難く思ってます。

    1. ナチュラルフレンズ より:

      マクロビちゃん様

      出来るだけ多くの人に記事を読んでいただきたいという思いもあり、あえて「ヤバイ」という言葉を使わせていただいております。
      この言葉は現代では「凄い」という意味が派生し、肯定・否定問わず用いられている言葉ですので問題ないと思いますが、マクロビちゃん様のご意見も真摯に受け止め今後のサイト運営に生かしてまいりたいと思います。
      ご意見誠にありがとうございました。

  13. 渡辺 愛優美 より:

    わたしは、バンコク在住ですがヘンプのバックを作っています。タイの山岳民族の手仕事の刺繍と草木染めのヘンプと合わせてバックにして販売していますが、持っているだけで呼吸を感じヒーリング効果があるのが分かります。今回の文を拝読させて頂き近い将来皆さんがヘンプの良さに気づく予感がしています。是非日本の皆さんにお伝えして行きたいです。よろしくお願い致します。

  14. 匿名 より:

    私は種のヘンプオイルを舌下に垂らして飲んでます。てんかんの女の子の発作がとまりアメリカで話題になりました。これが普及したら医学会がひっくり返るので許可しなかったのですが何故か日本で手に入ります。だけど慶應義塾大学で人の臨床を終えてNMNが6月認可されます。ミトコンドリアにスイッチが入るもので20才細胞が若返り益々長寿になります。私にはヘンプオイルは必要なくなりました。

山口道夫 にコメントする コメントをキャンセル