住居は家族を守る 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

住居は雨風や様々な災害から私達を守ってくれます。家の中では食事をし、入浴をして睡眠をとります。友達や親戚が訪れ、家族と楽しい一時を送ることが出来るのも、住居があるからです。

健康で安全な住居環境が大切

日本では東日本大震災により多くの方が被災されました。多くの家や物、家族を失った記憶は今後決して忘れてはいけず、様々な教訓として再び立ち上がらなくてはなりません。

近年、日本では特に耐震性が注目させるようになりました。さらに一年の寒暖の差が激しいことから、冬は暖かく夏は涼しい密閉率の高い住まいが次々と作られてきています。打ちっぱなしコンクリートのデザイナーハウスや、リーズナブルな価格で戸建てを持てる新築分譲住宅等も人気です。

安全な住居

しかし、どうしても見た目や価格、駅に近い等の立地や様々な売り文句に注目をしてしまいがちですが、その住まいに住む住民・家族が毎日を健康に過ごせることが最も大切なことです。毎日を過ごす家の中で、様々な病が発症してしまっては元も子もありません。

変化する日本の住居

日本の住居は昔と比べ、どんどん変化をしてきています。自分が食べるものは、どこの産地で収穫され、安全かどうかを確認する人が多くいらっしゃると思います。しかし、住居に関してはそこまでまだ関心が持たれていないということが現状です。

新築に住み始めた直後や、引越をしてから直ぐに体調を壊してしまうと言う人が現在では数多くいるのです。その様なことから、自分の身と家族の健康を守る為にも、もう一度住居空間に付いて、知識を見に付け見直してみましょう。

安全な住居

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す