レモンの皮は農薬まみれで危険!?皮も使うなら無農薬や自然栽培のレモンが安全・安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

レモンの皮は農薬だらけ

レモンの皮には、レモンの果肉よりもビタミンCが豊富に含まれてると言いますし、それによって料理に入れたりすることも多いでしょう。しかし、その料理に使っているレモンは本当に安全なのでしょうか?
lemon
スーパーで売られていて1袋に数個入っているレモンの皮には防腐剤や農薬、カビ防止剤、乾燥防止用のワックスなど、体に有害だと思われるものがかけられている可能性があるのをご存知でしょうか?

例えば飲みの席などで、レモンサワーなどを飲んだりしますよね?注文したお酒によってはレモンの薄切りが入っている物があります。レモンをグラスから取り出してお酒だけを飲めば良いのですが、付いているものだとついマドラーやお箸などで混ぜたり、レモンを絞ってレモンの味やビタミンCを出そうとしてしまいますよね。

お酒と一緒に付いてくるレモンが国産の無農薬であったり、オーガニックのものであれば問題はありませんが、基本的に居酒屋などで付いてくるレモンはアメリカ産のものが多くなっているのが現状です。

今回はそのレモンの皮について、どういった農薬がかけられているのか、農薬の付いているレモンを摂取してしまうとどんな健康被害が及ぼすのかなどについてご説明させていただきます。知らず知らずのうちに農薬まみれのレモンを摂取していることがありますので、今回はレモンについてよく考えてみましょう。

なぜレモンの皮に農薬がたくさんかけられるのか

アメリカ産のレモンは日本に輸送するまでの期間や保管している間にカビてしまわないようにするために、レモンやオレンジなどのその他の柑橘系のフルーツなどにたくさんの農薬がかけられています。

上記でもレモンにかかっている有害なものについて少しだけ触れていますが、実際にどういった農薬がふりかけられているのか、レモンを料理などで使う方やレモンを良く摂取する方にとっては非常に気になるところだと思います。

レモンの農薬の種類

レモンにふりかけられている農薬にはどういったものがあるのかをご説明させていただきます。

アメリカ産のレモンにはポストハーベスト農薬が使用されており、これは収穫後の農作物に使用する防カビ剤や殺菌剤を指します。日本ではこのポストハーベストの使用は禁止されていますが、防カビ剤の種類であるオルトフェニルフェノールやビフェニル、イマザリルなどは日本では食品添加物とされているのです。

日本ではポストハーベスト農薬としての使用は禁止されているのに、食品添加物とされているので店頭に並べられてしまっています。スーパーなどで袋に入っているレモンをよく見ると「イマザリル、TBZ、アゾキシストロビン」などと袋に記載されていますので、それらが記載されているレモンは買わないようにしましょう。また、アメリカ産のレモンには必ずと言っていいほど、ポストハーベスト農薬が使用されているので、アメリカ産のレモンは買わないことをおすすめします。

農薬の害悪と健康被害

農薬には虫を近寄らせない、カビを防ぐ、艶を出すなどの効果がありますが、農薬には非常に危険性を伴います。薬剤の中には発ガン性や催奇性などと言った人体に悪影響を及ぼす危険性のある成分も含まれているので注意が必要です。

また、収穫前の農薬や収穫後のポストハーベスト農薬を使用する場合は、残留濃度は基準よりも下にしないといけない必要があり、1日の摂取の許容範囲内であれば人体に影響を与えないとされていますが、長い年月を考えると何かしらの影響を人体や健康に及ぼす可能性はあるはずです。

農薬を洗うことはできるのか?

アメリカ産でも国内産でも、ほとんどのスーパーで売られているレモンには農薬が使われており、オーガニックや無農薬のレモンを探すのは容易ではありません。ですので、現状はレモンが欲しくなったら農薬がかけられていると知りながら、農薬がかけられてレモンを購入するしかないのが現状です。

そうなると、どのようにしたらレモンの皮にかけられた農薬類を落とすことができるかが重要となります。そのレモンの皮に付着している農薬は洗って落とすことができるのか、とても気になりますよね。

農薬の中には不水溶性のものもあり、水洗いをするだけでは簡単に農薬を落とすことができません。イマザリル(防カビ剤)は不水溶性ですので水で洗っただけでは落ちません。またその他の農薬にも、農薬の他にワックスを混ぜてレモンなどにふりかけているので水で落とすことができませんので注意しましょう。

洗うとなると、食器用線剤などが思い浮かびますが、農薬やワックスを落とそうとして洗剤を使用してしまうと、その使用した洗剤が果肉まで浸透してしまう恐れがありますので、そもそも今度は別の薬品が付着してしまうことになります。しかし、農薬レモンだろうと何だろうと、料理の際にレモンの皮を使いたい。一体どうしたら良いのでしょうか?

まずは自宅にあるもので出来るレモンの農薬を落とす方法をご紹介いたします。

塩を使って落とす
1.水(800ml)に塩(大さじ4)とレモン汁(1/2個分)を入れて混ぜます。
2.1で作った液体の中にレモンを入れ10分放置します。
3.10分経ったらレモンを取り出し、水で綺麗に洗い流します。

重曹を使って落とす
1.ボールに重曹(大さじ2)と水(800ml)を入れて重曹を溶かします。
2.溶かした重曹水にレモンを入れて、1分ほど放置します。
3.1分経ったら重曹水からレモンを取り出し、水で洗い流します。
重曹には塩の約30倍以上毒素を吸着させる効果があるといわれています。

上記の方法であれば、水でレモンを洗い流すよりも遥かに多くの農薬を落とすことができそうです。しかし、水よりは落とせると言っても、それでもレモンに付いた農薬が不安と言う方も多いはずです。そこで、重曹や塩よりも強力な農薬を落とすものを紹介します。それはベジクリーンというものです。

国産のホタテ貝殻を100%を利用した食品用洗剤べジクリーン

ベジクリーンは厳選された国産のホタテ貝殻を100%使用しており、そのホタテの貝殻を約1000度で加熱処理して粉末化しており、天然素材で余計なものが入っていない無添加の食品洗浄剤です。またこのベジクリーンは高アルカリ性で抗菌や消臭、酸化防止にも効果があると言われています。しかも、このベジクリーンの使い方は簡単で、使用方法は下記に記載してあります。

専用の食品用洗剤(ベジクリーン150)を使って落とす
1.ボールに水(1L)とベジクリーン150(ティースプーン1杯)を入れて混ぜます。
2.そこにレモンを入れて5分~10分ほど放置します。
3.5~10分経ったらレモンを取り出し、水で綺麗に洗い流します。

lemon-before-after

レモンであれば上の画像のように、5~10分間、水で溶かしたベジクリーンに浸しておくだけで透明だった水が濁って汚くなる程、防カビ剤、防腐剤などの農薬が落ちていることがわかります。この洗浄力に加え、無添加の天然成分100%は安心できます。アルカリ性には、油性の汚れを親水化する効果があるため、レモンなど皮に付いたワックスや防カビ剤などの汚れを分解してくれるのです。

防カビ剤などでこんなにも汚れていた野菜や果物をわからずに食べていたとなると、本当にゾッとしてしまいます。ホタテの貝殻100%使用のベジクリーンは下記から購入することができますので、安全で安心な野菜や果物を食べるようにしましょう。

レモンを使った料理にはレモンの皮が使われることが多い

レモンを使用した料理にはその余ったレモンの皮も一緒に使用することが大変多くなっています。そのため、農薬まみれのレモンを使ってしまいますと、皮に付いた農薬も一緒に摂取してしまう恐れがあるのです。

皮が入ったレモンティーは危険

紅茶に薄切りにしたレモンを入れてレモンティーする煎れ方は、美味しくて一見良さそうに見えますが実はこの組み合わせは非常に危険ですのでやめましょう。

lemontea
紅茶のカフェインとレモンの皮に使用されている農薬のオルトフェニルフェノール(OPP)が反応すると発ガン性物質が増加する恐れがあると言われています。

ご自身でレモンティーを作る際には無農薬のレモンを使用すれば、皮ごと入れても問題はありませんが、お店などで飲む際に「このレモンは無農薬ですか?」とは聞けませんよね。お店などのレモンが入ったレモンティーはコストを考えても無農薬のレモンを使用している可能性は低いことが多くなっていますので、ご自身で作る場合以外の時にはレモン入りのレモンティーを飲むのは控えるようにしましょう。

また、無農薬のレモンを使用して作っても気になるという方は、皮は切り取って紅茶に入れることをおすすめします。

料理にレモンの外皮を使わないようにしよう

サラダのドレッシングや、マリネ、レモンピールなど様々な料理にレモンの皮を入れることがあります。余すことなく使うことができるレモンですが、料理では使用しないようにしましょう。

レモンの皮は料理以外にも用途がありますので、そちらで使用することをおすすめします。

レモンの皮にはリモネンという成分が含まれており、このリモネンにはキッチン周りの油汚れに効果的なのです。長期間にわたって積み重なった頑固な油汚れは落とすことは難しいですが、ちょっとした脂汚れであれば簡単に落とすことができます。まず初めに落としたい油汚れの所に塩をふりかけてからレモンで擦ると油汚れが落ちます。最後にタオルで擦った場所を拭き取ると良いでしょう。

また、ステンレスやシンク、浴室の鏡など水垢汚れにも効果的です。

無農薬のレモンと自然栽培のレモン

料理にレモンの皮をどうしても入れたいという方には無農薬のレモンや自然栽培のレモンをおすすめします。

無農薬レモンや自然栽培レモンであれば、国産で安心して購入することができるうえ、皮までまるごと食べることだって可能です。ただ、これらのレモンは農薬が使用されているレモンよりも高くなっているので購入される際には注意しましょう。

また、無農薬のレモンや自然栽培のレモンなど防カビ剤を使用していないレモンはカビやすく、1度切ってしまったレモンは3,4日程度で食べきるようにしましょう。もし、レモンにカビが生えてしまった場合は、菌糸が果肉にまで行き渡っている可能性もありますので、カビが生えてしまったレモンについては食べずに捨てることをおすすめします。

防腐剤、ワックス、防カビ剤不使用のレモンは農薬まみれのレモンよりも高く、安全ですのでなるべく早く食べきることが大切です。

レモンの皮は料理やお酒などに入れることが多く、居酒屋などで入っているレモンの殆どがアメリカ産や国産であっても農薬使用の場合が多くなっており、気付かぬうちにそれを体内に入れている恐れがあります。レモンには多くの農薬が使用されていますので、その毒が体に蓄積され徐々に体に悪影響を及ぼす危険性もあります。

ご家庭でレモンを使う際には無農薬のレモンなど安全なレモンを使うようにしましょう。

私がいつも購入している無農薬レモンの販売店はこちらです。無農薬のレモンのおいしさを存分に味わってください、酸っぱさの中に残る自然の甘みが最高です!

参照サイト一覧
『Let’s Detox Water|デトックスウォーターでレモンやオレンジの皮はどうすればいい?』
http://people.plusnews100.com/?p=113

掲載画像一覧
『ベジクリーン』
http://hbcfunato.jp/lp/vegeclean/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す