これはスゴイ!!肌が生まれ変わる基本の洗顔法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美しい素肌>を手に入れたい女性は、毎日スキンケアに余念がないことでしょう。そのスキンケアの最も基本的なことは、きちんとした洗顔になります。米国では「洗顔がスキンケアが一番大事なポイントである」という認識になっています。

古くなった角質や余分な皮脂はニキビや肌荒れの原因ですし、綺麗な状態ではないお肌の上からどれほど効果のある美容施術を行ったところで、お肌の奥まで浸透しないからです。けれども日本国内では、そういった認識にはほど遠く「洗顔は大切な皮脂まで落としてしまう」という意識が強くて、お湯だけでしか顔を洗わないとか、洗顔はしない人もいるほどです。

 

正しい洗顔とは?

ここでは、キチンとした洗顔方法をご紹介しますので、覚えておきましょう。これを実践することによって約2週間足らずで、お肌の生まれ変わりが実感できます。

まずは手洗い

1番目は、洗顔する前に手を清潔に洗うということです。手のひらに付いてしまっているバクテリアや汚れを顔に触って付けてしまう前に、綺麗に手を洗ってください。

肌に負荷の無い安全な洗顔料を

2番目は、その人の肌質に合った安全な洗顔料を選ぶことです。洗顔する場合に最も大切に考えて欲しいことが、お肌質にあった洗顔料を使用することになります。化学成分の含まないもので、ご自信がオイリー肌なのか乾燥肌なのか、植物等のアレルギーはないか等を把握した上で選びましょう。

保湿は必須

3番目は、洗顔後はかならずアロエ水等の安全なものでお肌を保湿してください。どんなときでも必ずメイクは寝る前に落してください。緊急時等で通常の洗顔料しかない場合は、通常の洗顔料はお肌にとって刺激がとても強いですから、洗顔前に一度保湿を軽く行いお肌を整えた状態にしてから洗顔するように心がけましょう。洗顔料を付ける前に、ぬるま湯やミストでお肌を軽くぬらしてください。乾燥が特に気になる人は、乳液を付けてから洗顔すると効果的です。

スキンケアに付いて

 

優しく!!

4番目は、ゴシゴシと力を入れすぎて洗わないようにしましょう。洗顔の目的は汚れ落としですが、必要以上に強くお肌をこするのはとても危険です。指先がお肌に触れないように、しっかりと泡立てた泡を使ってお肌を丁寧に洗うことが理想です。とりわけ毛穴が気になる小鼻周辺部分は、毛先の柔らかいブラシを使ってみるという方法もあります。

熱湯は禁止

5番目は、熱いお湯ではなくてぬるま湯を使って、ちゃんとすすいでください。洗顔中でもお肌は思っているよりも敏感になった状態です。そんなお肌を熱すぎたり冷たすぎたりの温度で洗ってしまうと、返って負担がかかってしまいますから、適度なぬるま湯にすることがポイントになります。

お肌に洗顔料が残ってしまったまま放置していると、乾燥や毛穴の詰まりの原因になりますから、ちゃんと全部洗い流すことを心掛け、とくに髪の毛の生え際は残りやすいので注意をして欲しいです。天然泥のガスールであれば、全てをあらいきなないくらいの状態にしておくと保湿効果があり、とtめおすべすべしたお肌になります。

 

洗顔後は柔らかいタオルで優しく水気を軽く拭き取り、時間をおかずに保湿することが洗顔美容のキーポイントです。

ミストを上手に活用することをお薦めいたします。洗顔する際に横にミストを準備しておいて、洗顔が終わったミストを吹きかけておきましょう。お肌の水分が蒸発してしまうことを防ぎ保湿できます。

以上、肌が生まれ変わる基本の洗顔方法をご紹介しました。これまでの洗顔方法を見直していただき、素敵な素顔を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す