梅雨時期のカビ喘息に要注意!!カビアレルギー対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

梅雨になると、喘息の持病を持っていない人でも咳き込む人が多くいらっしゃいます。梅雨のシーズンは寒暖の差が大きくなる為、喘息・夏型過敏性肺炎の発作が出やすい季節と言えますが、原因はそれだけではありません。湿度の高い梅雨は、特にカビが生えやすい状況になっており、そのカビによって喘息が引き起こされてしまいます。
カビは、多温多湿の環境ならどこでも発生します。食べ物はもちろんのこと、植物やプラスチックまで、ありとあらゆるものに発生する可能性があるのです。

梅雨のカビ喘息・アレルギーには要注意!!

カビによって、感染症とアレルギーの2種類の症状が発症します。カビ感染症は、免疫が低下した人に発症するリスクがあります。この時期、朝夕の寒暖の差により体調を崩す人が多い為に、注意が必要です。
カビアレルギーは、喘息、アトピー、アレルギー性鼻炎等があり、これらの原因となるカビの粒子はスギ花粉よりもさらに小さいと言われています。そのため、吸い込みやすく誰にでも発症する可能性があるのです。吸い込まない為にも自宅や職場等でカビの予防が必要です。
この時期にアトピーが悪化する原因はカンジダやマラセチア等のカビ成分が皮膚から入り込み、炎症を引き起こしています。入浴をし、皮膚を清潔に保つとともに、刺激の強い薬品や不規則な生活・食事等には充分に気をつけましょう。

安全な家庭でできるカビ対処法

日本ではあまりカビによる症状は問題視されていませんが、海外では大きく取り上げられています。カビを除去したことで、長年苦しめられた病状が一気に回復したという話も少なくありません。ここではカビの発生を防ぐ為の方法をお伝えさせて頂きます。

まず、梅雨の時期は湿気を防ぐために、多くの家庭では乾燥剤、除湿剤、防虫・防カビ剤入りの乾燥剤・除湿剤等を使用していると思われますが、これらを安易に使用してはいけません。
乾燥剤は主に塩化カルシウム・シリカゲル・酸化カルシウム(生石灰)の3種類がありますが、その中でも洋服ダンスや押入れ用に使われている塩化カルシウムは要注意です。防虫・防カビ機能が加えられている物が多く、防カビ剤のsign01OPP(オルトフェニルフェノール)・防虫剤のパラジクロロベンゼンといった発ガン性のある物質が多く使用されています。
危険性の高いこれらを使用せずに、カビを抑える方法をご紹介させて頂きます。

住居環境に付いて

カビは、5~35℃の温度の中で特に20~25℃、湿度65%以上を好みますので、除湿器を使用し、室内の湿度を50%前後に保ちましょう。天気の良い日は換気を行って下さい。

押入れや物置は、すのこやラックを活用し風通しが良い状態を作り上げて下さい。扇風機を利用して風を入れたり、重層をおいて湿気対策を行って下さい

布団や座布団、カーペット等は掃除機をかけ、風通しの良い場所で天日干しを行って下さい。畳の上にカーペットを敷いている方はカビとダニによる影響が非常に出やすくなる為、頻繁にこれらのことを行って下さい。

窓の結露や浴室等は濡れた状態にせず、水分を拭き取り、風を通して乾燥させましょう。

水周りは重層や酢を使用して清潔に保ち、手の届きにくいところを定期的に掃除しましょう。

乾燥機、エアコン、空気清浄機、加湿器等の機器類も定期的に清掃し、カビや汚れを落とす様にして下さい。

これらを定期的に行うことで、カビを除去するだけでなく、室内を清潔的に保つ事ができ、安全で健康な日々を送る事が出来ますので、ぜひ行ってみて下さい。

季節の代わり目のカビ喘息についてはこちらをご覧ください。
季節の変わり目はカビ喘息に注意!!カビアレルギー対処法
5月喘息についてはこちらをご覧ください。
花粉症の人は5月喘息要注意!!これから始まる辛い咳対策!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す