ナチュラル&オーガニックコスメについての質疑応答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

オーガニックコスメのメリット・デメリット

最近のロハスの影響や健康志向の影響もありオーガニックコスメも、いろいろな製品が紹介されるようになりました。ロハスとは健康で持続可能な社会を志向するライフスタイルのことです。

「なんとなくよさそうな感じがする」といってオーガニックコスメに飛びつくのはどうでしょうか?その性質も十分に理解してから使いたいものですね。オーガニックコスメといえどやはりメリットとともにデメリットもあります。

長年ケミカルコスメを使ってきた人がいきなりオーガニックコスメに変えた場合には、どうしてもお肌が物足りなく感じることもあります。オーガニックコスメは長く使い続けることで少しずつ効果が表れてくるものなのです。だから、即効性を期待する方には向いていないと言えるでしょう。

まずは、オーガニックコスメのメリットですが、(1)お肌にやさしい(2)製品に対しての安心度が高い(3)お肌に有害な合成成分が使用されていないから安心(4)お肌はもちろん環境にも配慮して作られている——などがあります。

次に、オーガニックコスメのデメリットは、(1)即効性がない(2)使用期限が短い(3)植物によっては合う合わないが存在する——などです。

オーガニックコスメに限った事ではないのですが物事には良い面もあれば悪い面もあるのが普通です。「自分にとってどの部分が大事なのか、どの部分について許容できるのか考えることも大切だ」と言えます。

オーガニックコスメはオーガニック認証を受けた製品という意味でフランス・アメリカ・ドイツ等の国が独自に定めた基準を満たす製品をそう呼んでいます。ちなみに日本にはオーガニック認証機関がありませんから<自然派・オーガニック>は「言ったもの勝ち」になってしまっている気がします。

ーガニックコスメとナチュラルコスメの違いは?

オーガニックコスメとナチュラルコスメの違いはどこにあるんでしょうか?

海外では幾つかのオーガニックコスメの認定基準ができています。日本国内でもオーガニックコスメの認定団体ができています。厳密に考えるとナチュラルコスメとオーガニックコスメの認定は微妙に違っていて、ナチュラルコスメは天然成分に関しての基準であるのに対し、オーガニックコスメはオーガニック原料に関しての基準なわけです。

現在のところ日本オーガニックコスメ協会は、ナチュラルコスメとオーガニックコスメの両方について広報することを目的にしているようです。なぜならば、日本の現状はオーガニック原料自体が少なくて、化粧品にオーガニック原料を使用するのが難しい環境だからです。

そしてオーガニック原料を使用していても、あとから合成成分をプラスした化粧品が認定されたりしている現状があるのです。そういった化粧品がオーガニックコスメとして販売されて良いのかどうかは議論の余地があるでしょう。安心できる化粧品は、ナチュラルコスメとして100パーセント安心と言い切れる条件を満たしている必要があるのではないでしょうか。食べ物と違ってまだまだ普遍的な基準がないのです。

オーガニックコスメの展望は?

オーガニックコスメの市場規模はどの程度になり、将来の展望はどうでしょうか?

化粧品業界全体の市場規模は二兆円を軽く超していると言われています。この金額は小さな国では国家予算に当たるほどの規模になりますから巨大マーケットと言えるでしょう。まさにオーガニックコスメは巨大ビジネス産業の一つと言っても言い過ぎではありません。中でも敏感肌やトラブル肌で悩まれている方の割合はとても多いですから、そのような消費者を中心にオーガニックコスメに対するニーズは右肩上がりで高まりつつある傾向です。

無添加化粧品や自然派化粧品などナチュラル系の化粧品の市場は約3000億円以上にも達すると言われています。最近では体内の毒素が身体に及ぼす影響についても、いろいろ報告されてきていますからデトックスやキレーション療法などの解毒行為も一般的に広く知られるようになってきています。デトックスやキレーションは体内に蓄積されている化学物質や重金属などを体外に排出する方法です。出来るならこれらを取り入れない生活を心がけたいですね。

少し前なら<オーガニック>と言えば一部の健康志向の人だけが利用するものといった認識でした。しかし現在では、ほとんどすべての人がオーガニックという言葉を知るようになりました。またどういうものかという点においてもしっかり理解しています。

とりわけ食に関しての価値観は、それ以前とは大きく違ってきましたし、少し高くても体に良いもの・安心して食べられるものを選ぶようになっています。それと同じように化粧品の世界でも同じことが起こっているわけです。

誰もがいつまでも健康に若々しくありたいと願っています。そしてこの傾向は、ますます拡大していくことは間違いないでしょうから、オーガニックコスメに対する関心もより高まっていくことは確実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す