オーガニックコットンの普及が人と地球を救う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

普通のコットンの危険性からオーガニックコットンとの違い、コットン栽培において各地で起こっている農薬や遺伝子組み換え作物との関わり方、そしてそこで起こっている現状を長きに渡りお話をさせて頂いてきました。

害だらけのコットンとそれを防ぐオーガニックコットン

ここで簡単に要約させて頂きますと、世界中の衣料で多く使用されているコットンの栽培には大量の農薬が使われ、除草剤等の劇薬で農民達が苦しみ、環境破壊へと繋がってしまいます。地下水や河川が汚染され、それを人間や動物が口にし、様々な病気が満盈してしまうのです。

さらには、その水で育てた他の植物も汚染され、薬品まみれになってしまった土壌は他の作物が育たなくなり、そこにいる虫でさえもこれらの化学薬品に汚染されてしまいます。それを食べた動物や鳥は無視を経由し、その化学薬品を体内に取り込み突然死や突然変異等が起こってしまうのです。植物や虫、動物などの多様性が失われ、害虫が発生する原因になります

これは人間も同じことが言えるのです。栽培をする農家は癌や白血病、先天性異常や運動機能障害、不妊やホルモンの分泌異常、急性中毒等様々な症状が出てしまいます。それを口にする人間や動物も、これと同じ症状が発症してしまうのです。

コットン農家は小規模栽培が多い為、一生懸命働いてもぎりぎりの生活を送る農家が殆どです。収穫量を上げたいと高額なGM種子での栽培を始めたものの、その収穫率は悪く、多くの農家が借金で苦しみ自らの命を絶っています。またモンサント社のGM栽培は農薬とセットで販売される為に、農家はさらに農薬中毒で苦しを味わってしまうのです。喘息や皮膚炎に苦しみながらも多くの子ども達がこれらの作業に従事しています。

人も環境も救うオーガニックの力

これらの環境破壊と人災を一網打尽に防ぐことが出来るのがオーガニックコットンです。オーガニックには認証があり、知識も必要で手間もかかり、その上収穫量も減る可能性があります。しかし、通常のコットンよりも高値で取引され、農薬を使用しない為、その分のコストを抑えることが可能です。

そして何よりも農家の体、農地の土壌や河川に負荷をかけません。その農地近隣の人の生活、そしてとりや動物、虫や他の植物等全ての負荷を無くす事が出来るのです。さらには、それを口にしたり肌にする都市部の人間や、輸出先の人々の健康も確保することが出来ます。

農薬が必要としなくなると、その化学薬品製造工場の近隣住民の健康や近隣の環境も改善されます。オーガニック認証は加工段階での化学薬品の使用も禁止している為、加工時の汚染された排水等による環境破壊も防ぐことに繋がっているのです。オーガニックにする事で、今までこの汚染水を口にしていた工場近辺の動植物、住民の生活が改善され、化学薬品で汚染された衣類を着ていた我々消費者の生活も改善されていきます。

この様にオーガニックコットンに移行するだけで様々なメリットが生まれます。それはこの地球の、この人類の未来をも改善することが可能です。現在、オーガニックコットンの衣料は通常のものよりも若干高値になっています。しかし、より普及することで価格も下がり、より多くの消費者が安全安心な衣類を身に付けることが可能なのです。

オーガニック衣類

製造メーカーや生産者は、儲けをただ考えるのではなく、オーガニックコットンに移行することによってどの様な恩恵があるのかをしっかりと把握し、行動に移さなくてはいけません。また、我々消費者も価格だけにとらわれず、自信の体を守り、そしてコットン栽培が引き起こしている悪循環が抑えられるように正しい知識の元、オーガニックコットンを選ぶという選択肢を持つ必要があります。あなたの選ぶ1枚が地球と人類の未来を変える大きな1歩になるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す