生理痛薬は危険!!安全なオーガニック布ナプキン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

生理痛薬「ヤーズ配合錠」の副作用の血栓症を発症し3人の女性が命を失う(*1)という何とも居た堪れない報道がありました。厚生労働省のホームページ(*2)によると、

『「ヤーズ配合錠」は、発売当初から、添付文書により血栓症に関する注意喚起がなされています。また、昨年6月及び9月に、本剤との因果関係が否定できない血栓症による国内死亡例が報告されたことを受け、(中略)。本年1月に、本剤との因果関係が否定できない血栓症による3例目の国内死亡例が報告されたことから、更なる注意喚起を指示することとしました。』

と記載されています。

ヤーズ配合錠を服用することで血栓症があらわれ、致死的な経過を辿ることがあります。血栓症が疑われる症状は以下の通りです。
下肢の急激な疼痛・浮腫、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害等。

生理痛薬はリスクが高い事を知っていても、腹痛等の症状の苦しさからつい使用してしまう方も少なくないのではないでしょうか?「つらいけど薬には頼りたくない、でも飲まないとつらい…」という方にもお薦めな、薬に頼らずに行える生理痛対策がありますので、生理のメカニズムと共にご紹介させて頂きます。

生理痛の症状とメカニズム

女性は妊娠の準備を毎月行います。最初の準備として子宮内膜が一定期間の間に厚くなり、その後は1か月に1度、排卵が起こります。排卵時に受精していないと、体は分厚くなった子宮内膜を不必要だと思い血液と一緒に外へ排出します。この一連の作業が「生理」となるのです。排出時に内膜が剥がれ、炎症を起こす事で痛みを伴い生理痛が起きてしまいます。
症状には個人差がありますが、9割の女性の方が生理痛の症状で悩みを抱えていると言われています。重度の方の場合は、立って歩くことが困難となり、嘔吐し、日常生活を送る事が困難になってしまうのです。また、軽度の方であっても、腹痛や頭痛、腰痛等の症状に悩みを抱える方が非常に多くいらっしゃいます。

美容とスキンケア

薬要らず!つらい生理痛をやわらげる方法!!

生理痛の痛みをやわらげる方法をご紹介させて頂きます。
・適度な運動で筋力アップ
筋肉量が少ないと身体が熱を作りにくく、体を冷えやすくしてしまいます。冷えは生理痛の悪化の原因となってしまいます。ウォーキングやストレッチ等の軽い運動を毎日行うと良いでしょう。車を使わずに歩いて出かける等、生活の中で適度な筋力アップを心掛けて下さい。

・湯船につかって血行を良くしましょう
薄着やシャワーでは体を冷やしてしまう為、血行が悪くなってしまいます。冷え性にもつながるので、なるべく薄着を避け38~40℃くらいのお風呂にしっかり入り、体を芯から温めることが大切です。

・体を温める食べ物で身も心もポッカポカ
玄米やもち米・黒糖等といった精製されてないものや大根やごぼう等の寒い季節が旬の根菜類を食べると体を温めてくれます。逆に体を冷やしてしまう食べ物は、小麦や白砂糖・豆腐等の精製されたものや、地上で出来るトマトやキュウリといった野菜が挙げられますので症状が酷い場合には控えてみるのもいいかもしれません。

・タバコは生理痛以外にも悪影響
タバコは血管を収縮させ血行を悪くさせてしまいます。生理痛の原因だけではなく、卵巣の働きにも影響を与えてしまいます。

・ストレスはハーブティーでリフレシュ
ストレスによって交感神経が刺激されると、血管は収縮して血行が悪くなってしまいます。リラックスする時間を作り、ストレスを溜めないように心掛けましょう。ハーブティーを飲んでリラックスしてみてはいかがでしょうか?不調を和らげる効果がある「ラズベリーリーフティー」や気分をスッキリさせてくれる「ペパーミントティー」、体を温める「ジンジャーティー」等がお薦めです。

実は危険!紙ナプキンの実態!

多くの方が紙ナプキンを使用していますが、紙ナプキンはトイレに流せないという事から解るように、紙で出来ている訳ではありません。ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレン、高分子吸収体、人工合成香料等といったケミカルな石油由来の素材で製造されています。その為、かぶれや不快感が現れたり、直接粘膜に触れる事で化学物質を吸収し、子宮がんや子宮内膜症等の病気にかかってしまう危険性があります。また、紙ナプキンの素材高分子吸水ポリマーは「冷えピタ」と同素材(*3)の為、体を冷やし、血行不良が引き起こされます。これらの事で生理痛の増大にも影響を与えているのです。

生理痛が楽になる!!安全なオーガニック布ナプキン

最近では、生理痛の痛みが緩和されるということから、布ナプキンが女性の間で少しずつ認知され始めてきました。様々な生地で作られている布ナプキンがありますが、その中でもオーガニックコットン100%の布ナプキンが安全です。紙ナプキンと違いケミカルな素材は使用していません。

紙ナプキンから布ナプキンに変えた事で、生理痛が緩和され、さらには経血量が減ったという声もあります。また、布ナプキンは洗って繰り返し使用することが可能なので経済的・環境にも良いですし、フワッフワで着けた時にかぶれ等の不快感もありません。肌触りも良く温かい為、紙ナプキンの様に子宮を冷やしてしまうという事も無く、とても安全に使用出来ます。
オーガニックコットンの安全性に付いてはこちらの記事をご覧下さい。

布ナプキンを洗濯するのが面倒だと思われる方もいらっしゃると思いますが、実はとっても簡単です!!布ナプキンの洗濯方法はこちらの記事でご紹介させて頂きますので、ぜひご覧ください。

いかがでしたか?生理痛は多くの女性が悩みを抱えておりますが、少しの事でその痛みを緩和させる事も可能です。危険な薬に頼らずに、適度な運動とストレスレスな生活、そして安全な布ナプキンを活用し、生理痛で悩んでいる方が1人でも少なくなる事を願っています。
手軽で簡単!布ナプキンの洗い方

参照サイト一覧
*1『MSN産経ニュース│生理痛薬、服用後に10-40代3人死亡 厚労省が注意喚起指示』
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140117/bdy14011723220004-n1.htm

*2『厚生労働省│月経困難症治療剤「ヤーズ配合錠」投与患者での血栓症に関する注意喚起について』
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000034892.html

*3『美レンジャー│ショック!生理用ナプキンには恐ろしい害が隠されていた』

ショック!生理用ナプキンには恐ろしい害が隠されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す