危険!!PM2.5には発がん性も!PM2.5対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

この時期につらい花粉症で苦しんでいる方も少なくないはずです。花粉症はくしゃみや鼻水、目の痒み・涙が代表的ですが、肌荒れやせきなども花粉症の症状でもあります。近年、日本でもPM2.5濃度が上昇し、PM2.5の影響により、花粉症の悪化の原因にもなる恐れがあるのです。今回、PM2.5についてご紹介させて頂きます。

マスクをしている男性

また、花粉症についてはこちらの記事でご紹介しているので、ご覧ください。
まだまだつらい花粉症~自分で出来る対策方法~
花粉症患者は4人に1人!?花粉は1年中飛散している!

花粉症悪化の原因にもなっているPM2.5とは?

PM2.5とは、直径が2.5μm以下の超微細粒子のことをいい、微小粒子状物質とも呼ばれます。PM2.5は粒径が非常に小さく(髪の毛の太さの約1/30)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系・循環器系への影響が懸念されています。

PM2.5のサイズ

PM2.5に含まれる成分と発生源

PM2.5の成分は、炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなど無機元素などが含まれています。

PM2.5は黄砂や火山排出物などの自然に発生するものと、工場や自動車の排ガスなどの人為的に発生するものに分類されます。また、タバコの煙にもPM2.5が多量に含まれており、とても危険で、実は大気中に漂うPM2.5よりもタバコの煙の方が有害性は高いとされています。

サービス業店内などのPM2.5濃度

それに、PM2.5は中国から飛来してきて発生源は中国だけだと思われがちですが、実は国内にも発生源があります。

発生源は中国だけでなく国内にも

PM2.5による主な症状!花粉症と類似している点もあり勘違いしやすい!

PM2.5は花粉症と似た症状が出ますし、喘息やアトピーを悪化してしまうので注意が必要です。主な症状は、目の充血、炎症熱、喉の腫れ、黄色の鼻水、鼻血、咳喘息、疲労感、耳鳴り、免疫力低下、結石、腎炎、頭痛、関節痛、腱鞘炎、足がつる、こむらがえり、アトピー性皮膚炎の悪化などがあります。

目の充血や鼻水、くしゃみなどの花粉症に似た症状もあり、勘違いしてしまうこともあるので注意しましょう。

健康への影響

さらに、脳梗塞やガン、気管支炎などの発症リスクが高まる恐れがあるので注意が必要です。

PM2.5から守る対策方法

マスク
PM2.5は非常に粒径が小さいので、一般的な花粉症用のマスクですと、PM2.5を通してしまい効果がないことをご存知でしょうか?そのためにもPM2.5用のマスクをする必要があるのです。さらに、雨上りの日はマスクを着けることをオススメします。

空気清浄機
HEPAフィルターや電気集塵機能が搭載された空気清浄器を設置することが大切です。また、換気は行わず空気清浄機を活用するようにしましょう。


洗濯物は部屋干し
黄砂やPM2.5の量が多い場合は、洗濯物や布団などを外に出して干すのは避けた方が良いです。こちらの部屋干し指数を参考にしてみてください。
部屋干し指数

手洗い・うがい
帰宅時は手洗い・うがい、顔洗い、目の洗浄などを行ない肌などに付着したPM2.5を落とすことが大事です。また、屋外での長時間の激しい運動や外出を必要最低限に減らすことも大切です。

体内に入ってしまった有害物質を追い出して体を守る!
PM2.5や花粉などが体内に入らない様にしていても入ってきてしまうものです。そこで、体内に入ってしまった有害物質から体を守る食べ物をご紹介させていただきます。

【アブラナ科】
アブラナ科の野菜には発がん性物質を体外に排出するとされているグルコシノレートという成分が含まれています。グルコシノレートは調理や消化の過程で、イソチオシアネートという物質に分解されます。この物質は発がん性物質の解毒を促進する作用があるそうで、ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、菜の花、大根、カブ、小松菜、野沢菜などがアブラナ科の主な野菜です。

【スプラウト類やベビーリーフ】
ベビーリーフやスプラウトという名前の野菜は大きくなる前のカイワレ、レタス、ほうれん草などで、野菜の赤ちゃんのようなものです。これらにはスルフォラファンという花粉症の症状を抑えてくれる成分が豊富に含まれています。

【キク科】
キク科の野菜は昔から去痰(きょたん)に良いと薬草代わりに食べられていて、喉のイガイガ予防や鼻水から来る痰を体外に出しやすくしてくれます。キク科の野菜には春菊、レタス、サラダ菜、ふき・ふきのとうなどがあります。

【ネバネバ系】
オクラやレンコン、長芋、里芋などの野菜や、納豆、海草などのネバネバした成分はムチンというものです。人の体内の各器官や目、喉、鼻の粘膜はムチンでできているので、これらを食べると粘膜が丈夫になります。

デトックスすることでPM2.5を体外に出すことができますし、PM2.5による病気から自身を守ることができますので、PM2.5対策を心がけましょう。

『Drug39│第40回良く知ろう今話題のPM2.5』
http://www.drug39.co.jp/info_station/kisetsu1303.html
『アンチエイジングの魔女│花粉やPM2.5から体を守る食べ物とは?』
http://antiaging-witch.com/body/1705/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す