知っておきたい、いや~な偏頭痛の予防策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

偏頭痛が起きた場合は、とても神経に障って嫌な気分になります。酷い人の場合は頭痛が起きるとなにも出来ないくらいの症状になってしまうという人も少なくありません。偏頭痛に悩まされず、笑顔で健康な毎日を送りたいですね。ここでは、頭痛が起きたい場合の対応策についてまとめてみました。

 

偏頭痛が起きた時には

精神的なストレスが原因となって、脳の血流量が急速に増加したり血管の周囲に炎症ができることによって発生するのが偏頭痛です。特に女性に多い症状として有名で、頭痛により気力や集中力も奪われてしまい日常生活に悪影響がでてきてしまいます。では偏頭痛の予防策をご紹介しますので、頭痛の悩みを解消して行きましょう。

 

偏頭痛の悩み解消法

一番目は、生活習慣を改善することです。頭痛は、睡眠不足になったり精神的なストレスや過労やホルモンバランスの乱れ等が原因とされています。ストレスをためず規則正しい生活を送ることによって大幅に改善される可能性が高まります。毎日決まった時間に寝起きすることを心がけて身体のリズムを整えてみましょう。休日も朝寝坊してはいけません。

二番目は、普段の姿勢を見直してください。目や頭の筋肉に負担をかけないようにするために、テレビやパソコンの画面を目線よりも低めに設定してください。ディスプレイや画面を見上げる位置に設定してしまうと疲労が蓄積しやすくなります。それによって頭痛だけでなくドライアイや肩こりの原因にもなってしまいます。

パソコンをよく使用する人の割合はとても多くなっているので、それに比例するように偏頭痛で悩む人がおおくなってきています。パソコンや携帯電話は寝る直前には使わないようにしてて、リラックスする時間を作ってください。蒸しタオルで目元を温めてあげたり、顔のマッサージをして筋肉をほぐしてあげたりストレッチをすると効果的です。

病気に付いて

 

三番目は、食べ物に注意をしましょう。片頭痛の予防とされる食べ物を摂取することも効果的です。それは、海藻・ホウレンソウ・アーモンドに含まれるマグネシウムやビタミンB2等がお奨めです。これらの食物を多く摂取することによって頭痛予防になります。外食は控え、手作りの食事を取りましょう。また、人によって個人差がありますが赤ワインやチーズ食品やチョコレート、グレープフルーツなどの柑橘類によって頭痛を発症する場合がありますから気をつけて下さい。

 

偏頭痛が起こってしまった場合は、頭痛薬に頼るのではなく目元や首もとや肩を温め、目の周りやコメカミや首肩耳周りをゆっくりと大きく力を入れすぎないように大きく回しマッサージを行って下さい。入浴等で体を温めて、早めに就寝するようにしましょう。

以上、頭痛が起きい場合の対応策について説明しました。ストレスや疲労運動不足も偏頭痛を起こしやすくするので、気をつけて欲しいポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す