子供の安全

幼少時代に育んだ体験は一生を左右すると言われています。離乳食・母乳・アレルギー・おもちゃ・テレビ・ゲーム・携帯電話など子どもには危険な要素が沢山あります。大人になってからの人格や味覚、感覚等にこれらが大きく影響してしまうのです。母親からの影響は妊娠初期の胎児の頃から受けてしまいます。親はどのようにして子どもの安全を確保するかをご紹介していきます。

第一章 可愛い赤ちゃんを守りたい

第二章 乳児期の育て方で子どもの人生は左右する

第三章 子ども目線で肌荒れ防止

第四章 子どもには安全なものを!!

第五章 子どに悪影響!!やってはいけない!!

第六章 身近に潜む電磁波の危険性

第七章 生活見直し術

第八章 子どもを薬漬けにしないために