私がいつも利用している自然調味料リスト★オーガニック7選保存版★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

食卓に欠かすことの出来ない調味料。皆さんは普段どのような調味料をお使いでしょうか?毎日使う調味料だからこそ、安全で安心な調味料を使いたいものです。
chomiryo

厚生労働省の資料によると、現在の日本人は一年間で食品添加物を、なんと平均で6.72kgも摂取しているのです。

食品添加物リスト1
食品添加物リスト2
食品添加物リスト3

この他にも毎日の生活には多くの化学薬品で溢れかえっています。これらの非自然物が病気を増加させている原因にも繋がっていることと思われます。

どんなに産地にこだわってみても、どんなに新鮮な有機野菜を食べていても、調味料で大量の化学調味料を使用してしまっていてはその苦労も水の泡となってしまいます。

そこで今回は、安全な食卓に欠かせない自然調味料のさしすせそについてご紹介させていただきます。

安全な食卓に欠かせない自然調味料リスト★オーガニックさしすせそ保存版★

オーガニックで安全な砂糖(さとう)塩(しお)酢(す)醤油(しょうゆ)味噌(みそ)+油

砂糖(さとう)
皆さんは料理などに使用する際にどの砂糖を使用していますか?私は白砂糖が危険だということを知ってから、砂糖の代わりにハチミツを料理に利用しています。私が使用しているハチミツは人工甘味料など一切使用していない安全な国産のハチミツです。

砂糖の危険性については『知らないうちに飲んでいた大量の砂糖!恐怖の炭酸飲料!!』をご覧ください。

この私が利用しているハチミツは熊谷産で、国産ということもあり安心して利用することができるのは非常に嬉しいことです。それに甘さももちろんあり、危険である砂糖と遜色なく料理に利用することができます。そのまま舐めても美味しいハチミツとなっています。


販売元のホームページはこちら

塩(しお)
高知県・土佐のきれいな海水を、四万十川のほとりの山あいまで運び、弱い日差しと自然風でじっくり丁寧に火入れを一切しないで作り上げられた国産の天日塩です。

私もこの山塩小僧を使用しており、その塩を舐めて味わってみると、しっとりとして辛さの中にも甘さを感じることが出来ます。私がこの塩を使用して作ったものの中で1番と思えたのが塩のおにぎりです。シンプルだからこそ、この塩の良さを最大限に出すことができると思います。ぜひ、塩おむすびを作って、その旨味をご自身でも味わってみてください。

スーパーなどで売っている塩とは全く比べ物になりません。一度使って比べてみて下さい。その違いが分かります。

販売元のホームページはこちら

酢(す)
この酢は厳選された有機米を原料に使用し、米100%の無添加の米酢です。

無添加と言うこともあり、安全・安心の純米酢で毎日の料理に欠かせない酢となっています。安心して煮物やドレッシングなど、様々な料理に使用することができるのは非常に嬉しいものです。


販売元のホームページはこちら

醤油(しょうゆ)
静岡県掛川市にある創業寛政七年の栄醤油醸造さんが時間をかけて作り出す至高の逸品です。素材からこだわりを持っており、自然栽培大豆、自然栽培小麦、内モンゴルの天日塩を使用し、伝統的な製法と木桶で職人さんの手によって丁寧にじっくりと熟成していきます。

自家採取された蔵に住んでいる天然麹菌によって醸造された、独特の深みのある醤油はコクも風味も他の物とは比べようがありません。この「蔵の雫」の味を1度堪能してしまいますと、他の醤油が醤油ではないような感覚になるくらいコクや風味が違います。こだわりの逸品だけあって、素晴らしく何度もリピートしてしまう醤油です。


販売元のホームページはこちら

味噌(みそ)
マルカワみそさんの「蔵の郷」シリーズの味噌は、蔵に住んでいる天然麹菌を使用し、大豆と米は自然栽培のものを、そして環境汚染が少ない内モンゴルの天日湖塩と良質な地下水を使用して丁寧に作られています。

木桶で熟成した自然栽培原料と天然発酵菌で作り上げられた国内屈指の究極の味噌といえる逸品です。みそ汁に使用する時には、出汁を入れなくても旨みが際立ち、料理の手間も省けます。

また、何種類かある味噌をブレンドし、料理ごとに使用することで更なる旨味と深みを楽しめます。これらの味噌で料理をするなら、味噌おにぎりとみそ汁がこの味噌の良さを最大限に引き出します。その中でも味噌で作るおにぎりはまた絶品です。

この黒大豆豆味噌は香りやコク、味噌の風味が満遍なく伝わってきます。


販売元のホームページはこちら

麦みそは香りが良く、甘みのある味噌となっており、黒大豆豆味噌とはまた違った味の味噌です。私はこちらの麦みそのほうが黒大豆豆味噌よりもみそ汁に合う味噌だと感じました。


販売元のホームページはこちら


無農薬キザキノ菜種(青森県、北海道、長野県)を使用し、熱を加えず石臼の重みでじっくり搾り上げられた菜種油です。

手すき和紙で作った袋でゆっくり時間をかけて自然分離させています。一脱色や脱臭、脱ガムといった科学的な処理をしていない為、黄色みを帯び、とろりとしています。

菜種油は通常よりも多く使用しても、油による胃もたれ等が無く、さらりとした印象です。

揚げ物や炒め物、ドレッシングまで幅広く使用することが出来、本物の油の持つ味わいを堪能することが出来ます。


販売元のホームページはこちら

手間のかけられた調味料というのは、それ単体でもとても美味しいものです。その為、料理の美味しさをより一層引き立たせてくれるのです。

実際に私も使用しており、スーパーなどで買っていた調味料とは味が違うことがわかり、これが天然の素材の味なのだとわかりました。ぜひ、毎日使用する調味料だからこそ、より安全で美味しいものを使用してみてください。

掲載画像
『Oficcecafeブログ』
http://office-cafe.jp/media/health/tenkabutsu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す