頭痛薬の副作用と症状〜薬物乱用頭痛に要注意〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

突然ですが、皆さんは頭痛が発症した時には、どのような対処をしているでしょうか。
製薬会社の調査によると、下記の様な結果になっています。

頭痛の対処法は?

そして、頭痛を感じたとき、どのくらいの人が頭痛薬を服用したのかという調査では、なんと68.6%の人が頭痛薬を飲むと返答しているのです。

市販の頭痛薬の服用状況

では、その対処方法は本当に正しいのでしょうか。

頭痛薬の副作用と症状〜薬物乱用頭痛に要注意〜

頭痛薬、痛み止めの鎮痛剤は、「解熱鎮痛剤」と言われており、頭痛を始め、生理痛や捻挫等の様々な症状の痛みを止めるものとして処方されます。

脳の体温調整中枢に作用して発熱を抑え、皮膚の血管を拡張させて放熱を促進。痛覚神経に作用して興奮を抑え、痛みを緩和する効果があるのです。

解熱鎮痛剤の代表的な成分は「アスピリン」「イブプロフェン」「ロキソニン」がありますが、近年、これら頭痛薬・鎮痛剤の副作用に付いて注目が集まっています。

頭痛薬・鎮痛剤の副作用

上記の様に、頭痛を感じると薬を飲むという人が多くいますが、まずはその副作用リスクに付いて知る事が必要です。副作用は、時として取り返しのつかない症状を引き起こす事もあるのです。

胃腸障害
副作用で代表的とされる「胃腸障害」は、痛みの元となるプロスタグランジンの生成を抑えることにより、胃酸から胃壁を守っている粘液までも減少してしまい、胃の粘膜が刺激を受け、痛みやムカつきといった症状が現れます。

また、びらん性胃炎や胃潰瘍や胃がんになることもあるといいます。

薬物乱用頭痛
「薬物乱用頭痛」は、頭痛薬の飲みすぎにより痛みの感受性が高まり、少しの頭痛でも過敏に反応してしまい、その度に薬を飲まざるを得なくなってしまう、今最も問題視されている副作用です。
頭痛薬を月10日(週3日)以上飲んでいる方は、この薬物乱用頭痛に陥っている可能性があります。

薬物乱用頭痛のメカニズム

その他の副作用
腎障害、肝機能障害、無菌性髄膜炎、ぜんそく、スティーブンス・ジョンソン症候群、ライエル症候群、アナフィラキシーショック、アスピリンの服用では出血がある事もあります。

副作用とその症状

服用の際には、「空腹時ではなく、食後すぐに服用する」「 1週間以上の長期間連続して服用しない」という事に注意が必要です。

薬が効かない頭痛とは?

頭痛発症時に薬を飲むという人が多くいますが、薬を飲めば全ての頭痛が治るということは決してありません。

頭痛は、一次性頭痛(慢性頭痛)と呼ばれる「緊張性頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」と、二次性頭痛と呼ばれる何らかの病気が潜んでいる場合の頭痛に分かれます。

この二次性頭痛の場合、薬で痛みを隠すことはよくありません。

頭痛薬・鎮痛剤を飲んではいけないケース

また、頭痛薬・鎮痛剤を飲んではいけない場合がありますので、ご注意下さい。

飲酒
副作用や毒性が増強することがあります。

飲酒

長期連用
胃腸障害などの副作用が現れることがあります。

風邪薬との併用
成分が重複するリスクがあるため、同時服用はしてはいけません。

風邪薬と併用

妊婦さん
妊娠後期(出産予定12週前)の妊婦さんは、出産に対するリスクが高まるおそれがあります。薬によっては控えたほうがいい成分が含まれているので、安易に市販薬を始めとした服用は控え、必ず病院で医師の診断を受けてください。

妊婦さん

また、アセチルサリチル酸(アスピリン)、アスピリンアルミニウムを含む薬は、15歳未満の子どもはライ症候群が現れる可能性があり、妊婦さんは出産時の出血傾向や子宮収縮の抑制の恐れがあります。同じ薬でアレルギーを起こしたことがある人も服用してはいけません。

ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素を含む薬は、眠気を引き起こす成分のため、運転や機器の操作をする人は服用してはいけません。

実は頭痛の原因は・・・!?

日々の頭痛や副作用のリスクを避ける為にも、その原因を把握する事が大切です。実は頭痛の原因となっている多くは、肩こりや目の疲れが原因です。

頭痛の原因だと思うことは?

肩こりや目の疲れの原因は、パソコン等のデスクワーク、ストレスを感じる生活習慣が引き金となっていると考えられています。

頭痛に関わりがありそうな生活習慣

簡単に出来る頭痛発症の予防法

ズツノンDr.は現役の内科医が自分自身の片頭痛をきっかけに、頭痛持ちの女性の為に2年以上の歳月をかけて開発されたドクターズサプリメントです。

偏頭痛を持つドクター自身が開発したサプリメントなので、一般的に流通しているもの違って内容には説得力があります。

長年の偏頭痛に悩まされた人から、これを飲んで改善したという報告がどんどん届いているのだそう。

多くの頭痛研究者が推奨する、西洋ハーブやビタミン・マグネシウムに1800年以上前から中国で処方されてきた頭痛に効果のある8種類の漢方成分を配合。西洋と東洋のナチュラル成分を贅沢に配合した成分はズツノンDrのみです。

薬を使って偏頭痛から逃れるのはもう嫌だという方におすすめのサプリメントです。実感いただけたという声は実に90%以上。これは本物かもしれません。偏頭痛に悩む方は是非チャレンジしてみてください。

ストレスや運動不足の解消には運動がもっとも最適です。そして、家族や友人と楽しく食事をしたり出かける事で解消し、ゆっくりと睡眠をとる等疲れを和らげましょう。

しかし、仕事中や忙しい時期等はどうしても長時間同じ姿勢で作業することが増え、運動不足や目の疲れから頭痛が引き起こされやすくなります。

そこで、簡単な肩と首の血行アップ方法をお教え致します。

まず、力を入れ過ぎずに両肩を上げて、力を抜いてストンと落とすことを10〜20回行います。

肩をストンと落とす

次に、左手を頭にのせて、抜いて左側へゆっくりと首を倒します。反対側も同様に行い、5〜10回程度行ってください。

首を倒す

最後に、イスに浅く腰をかけ、脚を前に伸ばします。両肩の力を抜いてリラックスしながら、首を前にゆっくりと倒し前屈を行います。5〜10回程度がよいでしょう。

椅子に座って前屈

『知りたい!市販薬』
http://medical-cost.net/ItamidomeChuiten.html
『健康と医療の総合情報サイト』
http://www.drp.ne.jp/?p=14218&page=2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す