気になる肌のテカりの防止法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

朝、しっかりと丁寧にメイクをしても、少し時間がたつと脂が浮いてきてメイクが崩れてしまうという悩みを持つ女性は少なくありません。男女共に顔のテカりは気になるもので、常にオイリー状態になってしまい、大きな悩みとなってしまわれている方もいらっしゃることでしょう。
ここでは、そういった悩みを抱えている人たちのために、テカリの予防法・それに合わせてテカリをなるべく出さない生活習慣を紹介いたします。

気になる肌のテカりの原因

皮脂の多さが気になる人たちが共通してとる行動は<皮脂を取り去ろう>とすることです。しかしながら、やり過ぎや誤ったケアをしていると顔の老化を促進させてしまうことになります。脂が浮き出してくるのを避けて、皮脂を取り除くことはアンチエイジングにブレーキをかけてしまうのです。

一般的にオイリー肌と呼ばれているのは、皮膚分泌が過剰でお肌の状態が常にテカテカして脂っぽくなっています。毛穴が大きく開いていて、鼻から頬にかけて赤みを帯びている状態です。しかし、敬遠しすぎてしまうのも良くありません。皮脂はお肌の天然クリームでありお肌の潤いに欠かすことはできません。一方で、皮脂が過剰に分泌されていれば、ニキビ・黒ずみ・毛穴詰まりを中心としてお肌トラブルの原因になってしまいます。皮脂の取り過ぎや保湿のし過ぎに充分注意し、肌のサイクルを正しく理解してケアをしていきましょう。

夏が近づき次第に気温が上昇してくると、気になるのがお肌のベトつきです。冷房・紫外線などお肌を乾燥させる要素がふえてきますので、お肌の内部は私たちが思っている以上に乾燥しています。パッと見は潤っているように見えても実は乾燥しているお肌状態を<インナードライ肌>と呼んでいます。そのままの状態で放っておくと、肌荒れやシワなどお肌トラブルの原因になりますから、原因と対策を考えて行かなければなりなりません。
お肌が乾燥してしまうと、これ以上の水分を逃がしてはいけないと体が反応し、皮脂をたくさん分泌します。そのことによって、お肌内部の潤いをどうにかキープしようとするのですが、これによりお肌表面がベタつくことになります。しかし、皮脂の分泌が増えてお肌がベタついてしまうと、ついついオイリー肌ではないかと勘違いしてしまいます。その結果、必要以上に洗顔をしたり脂分をカットしたりして間違ったケアをし症状を悪化させてしまう悪循環に陥ります。

では、簡単なインナードライ度のチェックをしてみることにします。
・洗顔した後、お肌がつっぱるような感じがする。
・毛穴の開きとか黒ずみが目立ってしようがない。
・皮脂でテカテカになったり、メイク崩れがとても気になる。
・紫外線の対策はあまり意識していない。
・エアコンの効いた室内で過ごすことが非常に多い。

この項目の中で1つでも心あたりがあるならば、あなたはインナードライ肌であるかもしれません。3つ以上該当しているならば、間違いありません。インナードライを解消するためには、しっかりと保湿をすることです。

インナードライを解消法

1番目の対策は、とにかく水分補給を十分にとることです。過度な加湿のし過ぎは注意しながら、安全なものを使用することを心がけましょう。手作りのアロエ水はお手軽で安全です。

2番目の対策は、脂分を嫌いすぎないことです。お肌がベタつくからといって保湿をしないことは逆効果です。水分補給をしたら、きちんと油分でお肌にふたをしてあげて水分が蒸発するのをストップしましょう。ベタつきが気にかかる場合は、塗る量や塗り方を工夫してみるようにしてみてください。蜜蝋やシアバター等がお奨めです。

3番目の対策は、紫外線対策をきちんとすることです。なんといっても紫外線の影響によるお肌のダメージは乾燥をどんどんと加速させてしまいます。外出する場合は、肌の露出を減らし、日傘や帽子、さらにシアバター等を塗り予防しましょう。紫外線を多く浴びてしまったら普段以上に水分補給をしっかりしてケアしておきましょう。

●洗顔
お肌がベタつくからと気にしすぎて洗顔をし過ぎるのは逆効果で、お肌本来の潤い成分まで奪ってしまうことになります。その結果、肌荒れや乾燥を招く結果になりますから、基本的には朝と夜の2回で大丈夫です。ゴシゴシとこすったりはしないでやさしく洗ってあげましょう。天然泥のガスールがお奨めです。

●化粧水
あなたがインナードライ肌ならば、お肌内部までしっかりと水分を浸透させることが大事ですから、化粧水は単純に付けるということではなく、浸透させる意識を持ってスキンケアをしてください。両手を使って顔を包み込ませるようにして化粧水をなじませる<ハンドプレス>も効果的な方法です。乾燥がひどいと感じるときは、化粧水を含ませたコットンやシートマスクでパックをしてください。また、とろみがあるものに替えてみるのも選択肢のひとつです。お肌の表面にとどまってくれる時間が長くなりますから浸透力が高まります。アロエ水や海草エキスがお奨めです。

スキンケアに付いて

乾燥による原因で皮脂分泌が多くなっている女性が増えていますが、その理由としては一年中通してエアコンを稼働していることにあります。空気が乾燥している中で過ごしているわけですから、お肌は必然的に乾燥します。これ以外にも皮脂分泌を促進させてしまうのがストレスです。仕事が多忙であったり、人間関係の悩みやストレスが蓄積すると自律神経がアンバランスになりホルモンに影響がでます。

ホルモンのバランスが乱れるとお肌のターンオーバーが低下しますから、皮脂が過剰に分泌される原因になります。その際にストレスに対し体を守ろうと判断するのが副腎皮質ホルモンですが、このときに一緒に男性ホルモンもでます。このことによって皮脂が多くなりテカテカなお肌になってしまうのです。皮脂を過剰分泌させないためには、乾燥を防ぎストレスをためないことです。

また皮脂分泌を促進する食事もあり、それは脂肪分が高い<甘いもの・揚物・アルコール>です。こういった食べものは、体内で中性脂肪に変わって皮脂の原因にもなる為に、摂取量や時間を意識しましょう。食べたものは、体の一部になると言われる程に、食べ物による肌への影響も大きいのです。今一度食生活を振り返り、偏食しないように心掛けて下さい。タンパク質・ビタミン・ミネラル・糖質・脂質の栄養バランスをよく考え摂取して下さい。ビタミンB6は、皮脂分泌やタンパク質の代謝をコントロールする機能がありますのが効果があります。<まぐろ・鶏肉・鮭>に豊富に含まれていますのでお試しください。

以上、テカリの予防法、それに合わせてテカリをなるべく出さない生活習慣をご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す