苦しい成人喘息の症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

喘息は、子どものみならず成人したおとなでもかかる病気ですし、その患者数をみても小児喘息より成人喘息の方が多いです。また成人喘息では、非アトピー型である場合も少なくありません。アレルゲンなどの特定の原因がなく風邪などで突然発症することがありますし、今まで喘息にかかったことはない人が大人になってはじめて発症する例もあります。

今までにアレルギー体質と診断されたことがない人でも環境の変化により抗体を作りやすい体質になっている場合もありますから油断をしてはいけません。気になる点があれば、少しでも早めに生活改善を行いましょう。ここでは、成人喘息にかかった際の症状・原因などを具体的にご説明します。

 

成人喘息にかかった際には

成人喘息を発症することが多い年齢は40歳代から60歳代になり、このあたりの年齢になってくると体力も落ちてくることで疲れ蛾溜まりやすく、ストレスを訴えることも多くなります。

精神的・肉体的ストレスは、身体にも色々な悪影響を及ぼして自律神経の機能が乱れたりホルモンバランスが乱れて喘息を発症しやすくなってしまいます。加齢により免疫力が低下してしまって風邪をひいてしまうことも喘息の原因になります。そして仕事が忙しいということで、すぐに治療できずストレスが蓄積し発作を繰り返す状態になりますが、慢性化してしまうと簡単には治癒できなくなります。

 

喘息の症状

では、喘息の症状をご説明いたします。喘息の代表的な症状は、咳・呼吸時の喘鳴・痰・息切れ・息苦しさ・呼吸困難などがあげられます。喘鳴(ぜいめい)というのは、呼吸する都度に気道がヒューヒュー、ゼーゼーとなる症状で喘息の特徴的な症状のひとつです。実際には喘鳴がなく、咳だけが続くタイプの喘息もあるために風邪や気管支炎などと間違えやすいから注意が必要です。風邪などの場合には昼間でも咳が出ますが、喘息の場合は夜間や明け方頃に激しい咳や息苦しさなどの発作が特徴的で昼間は普通であることが少なくありません。上記の症状に加えて、こういった特徴がみられたら喘息の可能性がありますので注意してください。

喘息は、アレルギー性疾患であると思っている人も多いと思います。確かに子どもの喘息の大半がアレルギーによるものですが、大人の喘息ではアレルギー性のタイプとそうでないタイプとがあることがわかっています。統計では、アレルギー性の喘息は、子どもの場合は約90%ですが、大人の場合には60%程度です。

アレルギー性で無い成人喘息には、アスピリンのような鎮痛薬が原因で激しい発作を起こす<アスピリン喘息>と呼ばれているものがあります。特に30歳代から40歳代に発症する人が多く、市販の風邪薬や鎮痛薬等を服用して発作を起こしてしまうのです。このように薬には多くのリスクが伴います。ですので、まずはアレルゲンの原因と考えられるものを排除することから始めましょう。

病気に付いて

 

治療する場合には、その喘息症状がアレルギー性かどうかを調べなければなりません。アレルギー性の場合は、炎症の改善と同時に原因物質のアレルゲンを特定して除去しなければ症状は改善しません。アレルゲンにはハウスダスト・ダニの糞や死骸・ペットの毛やフケ・花粉・食べ物などさまざまなものがあります。そして、冷たい空気に触れた場合や運動した場合に起こるケースもあります。自身や部屋を清潔に保ち、日用品や食事などを化学物質の含まれない安全なものを取り入れるように生活改善を行って下さい

また、無理の無い適度な運動少しずつ行い体力を付け、水分補給をまめに行い、リフレッシュしてストレスフリーな生活にして下さい。風邪や気候の変化に注意し、ピークフローメーターで自身の気道の状態をチェックしましょう。これを続けることで苦しい喘息もかならず軽減してくるはずです。

以上、成人喘息にかかった際の症状・原因などを具体的にご説明しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す