めまい・立ちくらみの原因と病院の選び方(ふらつき・吐き気・頭痛・耳鳴り) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

急に「クラクラッ」とめまいが起きることがあるという人も少なくない事でしょう。めまい位では、特に気にする事もないという方も多くいらっしゃる事と思いますが、めまいは何かの病気のサインとも言えるのです。

今回は、そんなめまい・立ちくらみの原因や症状、病院の選び方等をご紹介させて頂きます。

めまい

めまい・立ちくらみの原因と病院の選び方(ふらつき・吐き気・頭痛・耳鳴り)

  

めまいの症状(回転性・浮動性・立ちくらみ)

めまいの症状は主に3つに分けられ、グルグルと目が回る『回転性めまい』、フワフワしてふらつく『浮動性めまい』、クラクラッする『立ちくらみのようなめまい』となります。

回転性めまい
回転性めまいの多くは、耳の異常が原因で起こります。自分自身や周囲がグルグル回っているように見える症状があり、吐き気・嘔吐、難聴や耳鳴り、耳がつまった感じが急に発症します。

放っておくと難聴になる恐れもあり、脳の異常(脳出血や脳梗塞)でも回転性めまいが起こることがあるので危険です。

良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎・外リンパ瘻・中耳炎 等

回転性めまい

浮動性めまい
体にフワフワと揺れる感じでふらついてしまい、まっすぐ歩くことや姿勢を保つのが困難になります。急に、あるいは徐々に頭痛や運動まひ(顔面や手足のしびれ)等の神経に関係する症状を伴うことがあります。浮動性めまいの多くは、脳の異常が原因と考えられます。

脳出血/脳梗塞・椎骨脳底動脈循環不全・聴神経腫瘍 等

浮動性めまい

立ちくらみのようなめまい
立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったり、時として失神を伴う事があり、血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。

低血圧症・高血圧症・不整脈・低血糖症・ストレス 等

立ちくらみのようなめまい

この3タイプの中でご自身で思い当たるめまいはありますでしょうか?めまいの原因は、体内にある姿勢のバランスを保つ機能である「耳」や「脳」に異常を来すことや血圧に関係して起こる様です。

耳が原因となるめまいの病名と症状(メニエール病/良性発作性頭位めまい症/中耳炎)

耳は体のバランスを保つ働きもあり、異常が生じることで主に回転性めまいが起こります。

耳の構造

メニエール病(内リンパ水腫)
内リンパが増え過ぎると内耳がむくみ、めまいが起こります。めまい、難聴(とくに低音の聞こえが悪い)や耳鳴り、耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。

メニエール病

良性発作性頭位めまい症(BPPV)
内耳の前庭(という場所にある耳石がはがれ、三半規管に入り込んでしまうとめまいが起こります。発症は急激で、突然にぐるぐる回るような、強い回転性のめまいが起こります。

良性発作性頭位めまい症

前庭神経炎
前庭神経に炎症が起こりめまいが起こります。風邪をひいた後に発症することが多いため、ウイルス感染や血液の循環障害が原因で炎症が起こるのではないかと考えられています。

前庭神経炎

外リンパ瘻
髄液が、内リンパ腔に漏れるとめまいが起こります。難聴や耳鳴り(水の流れるような音)、耳がつまった感じなどの症状があらわれることがあります。

外リンパ瘻

中耳炎
中耳の炎症が内耳に及ぶと、前庭などの内耳の働きが異常となり、めまいが起こります。

中耳炎

脳が原因となるめまいの病名と症状(脳脊髄液減少症/脳梗・脳出血/聴神経腫瘍)

 
脳内の小脳やその近くの脳幹で、血管が詰まったり、出血・腫瘍ができたりすると、浮動性めまいが起こることがあります。

脳の構造

脳脊髄液減少症
首から脳へとつながる椎骨動脈と脳底動脈の血液が不足すると、脳に十分な血液が運ばれず、めまいや頭痛、吐き気、頚部痛等が起こります。

脳脊髄液減少症

脳梗・脳出血
「脳梗塞」や「脳出血」が起こると、小脳や脳幹(のうかん)に十分な血液が運ばれず、働きが異常となり、めまいが起こります。

脳梗塞・脳出血

聴神経腫瘍
前庭(ぜんてい)神経に腫瘍ができるとめまいが起こります。

聴神経腫瘍

その他の原因となるめまいの病名と症状(貧血/起立性低血圧/その他)

 
貧血
動悸や息切れ、めまいや頭痛、全身の倦怠感、疲れがとれにくいなど様々な症状があらわれます。

貧血

起立性低血圧
横になった状態や座った姿勢から急に立ち上がった時に、めまいを起こします。高血圧・低血圧の方は、血圧が急激に変動すると、脳に送られる血液量が不安定になり、めまいが起こる事があります。

起立性低血圧

その他
不整脈、低血糖、ストレスや心労等が積み重なった場合にもめまいが起こることがあります。

※老人に多いめまい
起立性低血圧によるめまい・ 椎骨脳底動脈循環不全・脳卒中・暑さによる脱水症状

めまいが起きたらどの病院(何科)に受診すればいいのか??

何科に受診すればいいのか?めまい以外の症状は特にない。という場合は、まずは総合病院等にある一般内科に受診してみて下さい。

めまいの多くの原因が耳の異常と考えられていますので、耳に異常を感じる場合は耳鼻咽喉科に受診しめまいがある事と、その他の症状を伝えましょう。

脳の異常が原因でめまいが起きている場合は、脳外科や脳神経外科がある病院にすぐに受診して下さい。

「激しい頭痛」「手足に力が入らない」「舌がもつれて話しづらい」などの症状がみられる場合は、できるだけ早く救急病院を受診して下さい。

病院

めまいへの対処法

上記の3つ(激しい頭痛・手足に力が入らない・舌のもつれ)が無い場合は、まずは気持ちを落ち着かせ、安静を保ちましょう。明る過ぎない静かな所で横になり、楽な姿勢をとって休んで下さい。

回転性めまい
頭や顔を左右に動かすことで、めまいを軽減することができます。また、エプリー法(浮遊耳石置換法)を実施してみて下さい。

エプリー法

睡眠を多くとり、規則正しい生活を送りストレスをためない様に生活改善をして下さい。タバコ、塩分や水分、カフェイン、油物を控えましょう。

浮動性めまい
バランスのとれた食事やストレス発散をして、リラックスできる規則正しい生活を送りましょう。

塩分や糖分の過剰摂取やタバコを止めましょう。

立ちくらみのようなめまい
動作をゆっくり行い、規則正しい生活を送りましょう。

参照サイト
『めまいナビ』
http://www.memai-navi.com/
掲載画像
『NAVERまとめ』
http://matome.naver.jp/odai/2134167825487599001
『細田耳鼻科』
http://www.hosoda-cl.com/ear/kan_1_09.html
『弁護士によるマンガ交通事故相談』
http://www.manga-koutsujiko.com/casestudy7/nousekizuieki.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す