タミフル薬の副作用に注意!!安全なインフルエンザ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節が秋めいてきて、朝夕がだんだんと冷え込む様になってきました。それに伴い、体調を崩してしまうという方も多いのではないでしょうか?冬に近づくにつれて、空気が乾燥し始め、風邪やインフルエンザにかかるリスクが高まります。そこで今回は薬に頼らずに出来るインフルエンザ対策をご紹介させて頂きます。

死の危険性も!?インフルエンザの症状とは?

インフルエンザには次のような症状があらわれます。『インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。
続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。』(*1)症状の悪化によっては死に至る危険性もありますので注意が必要です。

日本は投薬No.1!!タミフルの副作用の実態

日本ではタミフルを世界の生産量の70~80%を使用しており、その内の60%以上を輸入しています。(**2,3,4)
厚生労働省のホームページによると『動悸・血圧低下、蕁麻疹・息苦しい、白目が黄色くなる、全身の皮膚の発赤・ただれ・水ぶくれ・口内炎・結膜炎、尿量の減少・むくみ、出血しやすい、血便、意識がぼんやりする、意識がなくなる、うわごとを言ったり興奮したりする、普段と違うとっぴな行動をとる、幻覚が見える』(*5)等の副作用が報告されており、最悪の場合死に至る危険性があります。

副作用やタミフルの効果に付きましては、こちらの記事をご覧下さい
タミフルはインフルエンザに効果なし!?副作用の恐怖

病気と現代医療

2001年2月のタミフル販売開始以後の6年間に報告されて1079名の副作用の内、128名の患者が「異常行動」をとり、その約8割が未成年だったそうです。そして、12名が命を落とし(原因が明らかなのは8件)、突然死の他には高層物からの飛び降りや、走行車両の前に飛び出す等の異常な行動で自殺をしていた事があきらかになりました。(*2,3,4)

病気と現代医療

普段の生活の中で出来るインフルエンザ予防方法

では、タミフル等のリスクのある薬剤に頼らずに済む様に、普段の生活の中で簡単に出来るインフルエンザの予防方法をご紹介させて頂きます。

1つ目の予防方法は、栄養と休養を十分取ることことです。体力を付け、抵抗力を高めることで感染しにくい体にしていきます。ビタミンAはレバーや緑黄色野菜、ビタミンCは果物やブロッコリーやピーマン等の野菜、ビタミンEはアーモンドやピーナッツ、亜鉛はレバーやカキ・ココア・ごま・大豆、セレンはイワシやカレイ等の魚・コンブ・大豆に多く含まれており、免疫力を高める効果があります。

また、適度な運動を行う事で、血流が良くなります。血流に乗って免疫細胞が全身くまなく運ばれ、異常な細胞や病原体を素早く検知し対応します。筋肉を構成するアミノ酸は、免疫細胞の活動に使われるので、筋力の維持は免疫力アップにつながります。

2つ目は、出来るだけ人ごみを避けましょう。多くの人が集まる場所は、病原体であるウイルスが多く発生しています。予防の為にはそれらのウイルスを寄せ付けないとことが大切です。

3つ目は、適度な温度(18~20℃)や、適度な湿度(50~60%)を保つ事が大切です。加湿器や空気清浄器を使用することで適度な温度・湿度を保ちましょう。インフルエンザウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂います。

4つ目は、外出後の手洗いとうがいを行うことです。手洗いは接触による感染を、うがいは喉の乾燥を予防します。

5つ目は、マスクを着用するということです。マスクは鼻、口、あごをしっかりと覆いましょう。罹患した人から感染するのを防ぐ効果もあります。

しかし、紙マスクの抗菌作用等の化学加工により、肌に痒みやニキビ等の炎症が引き起こされる事が多々あります。蒸れによる細菌の増加で、さらに症状を悪化させます。また、使い捨てというのはエコではありません。そこで、オーガニックコットンやヘンプ生地で作られた布製のマスクがお薦めです。

病気と現代医療

環境にも肌にも優しい!!オーガニックコットン・ヘンプ製布マスク

オーガニック・コットンは、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑えて製造されているため、肌荒れ等のお肌への負担や化学物質のリスクが無く、安全に使用する事が出来ます。
ヘンプとは大麻の事で、アサ科の中でも地球環境負荷が少なく、大量の化学肥料や農薬を使用することが無いことで注目されています。布マスクは、手洗いする事で繰り返し使用する事でエコでお財布にも優しい万能なマスクです。

どなたでもインフルエンザや風邪等の発病は避けたいものです。タミフル等の危険な副作用がある薬に頼らずに、日頃からの予防と対策で健康的な体を作り、今年の冬も元気に乗り越えましょう!!

参照サイト一覧

*1『InfluNews|インフルエンザについて』
http://www.influ-news.info/influ/symptoms.html

*2『SAFETY JAPAN│インフルエンザの特効薬「タミフル」は信頼できるか』
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/report/47/index1.html

*3『朝日新聞│タミフル「異常な行動」128人 副作用の調査開始』
http://www.asahi.com/special/070320/TKY200704040313.html

*4『AFPBB news│128人がタミフル服用後に「異常行動」、新たな調査結果報告 – 東京』
http://www.afpbb.com/articles/-/2207153?pid=1488574

*5『厚生労働省|タミフル使用上の注意』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/medical/090511-02.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す