化学繊維が起こす肌トラブルの危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

石油を原料に製造された化学繊維には、人体へのリスクがあるということを以前の記事ではご紹介させて頂きました。では、化学繊維の衣類を着用することによって、いったいどの様な肌トラブルが起きてしまうのでしょうか?今回は、その危険性に付いてご紹介させて頂きたいと思います。

化学繊維は、丈夫ですしコストも安く、弾力性や防水性等の多様な特色を生かす事が出来るというメリットがあります。しかし、その一方で様々なリスクが起こっているのです。

 

化学繊維アレルギーのリスク

化学繊維によって引き起こされる有名な症状は『化学繊維アレルギー』です。化学繊維アレルギーとは『化繊アレルギー』とも言われ、衣類や寝具等に使用される化学繊維に反応する接触アレルギーの事をいいます。ですので、ポリエステルやアクリル、ナイロン等の合成繊維が品質表示に記載されている物を肌に付けるとアレルギー反応を起こし、肌や人体に異常が生じてしまうのです。

この他にもアセテートなどの半合成繊維、レーヨンなどの再生繊維やガラス質の無機繊維等、自動車や生活用品を触れることによってその反応が生じてしまう人もいます。しかし、衣服は常に肌と触れあることから、よりアレルギー反応が生じやすいという危険性があるのです。

天然素材では異常が生じず、化学繊維に触れた時に皮膚が赤くなってしまったり、痒みやかぶれ、湿疹の症状が現れる方は直ちに天然繊維の衣類に換えましょ う。しかし、綿100%の衣類であっても縫い糸に化学繊維が混じっている場合はその箇所にアレルギー反応が発症してしまうので注意が必要です。天然素材に付いては「天然素材とは」の記事をご覧ください。また、天然素材にも安全なものと危険なものがあることをこちらの記事でご紹介させて頂いております。

オーガニック衣類

 

 

肌の丈夫な人も要注意!!

『化学繊維アレルギー』と診断されず、肌も丈夫な方でも化学繊維によって、同じような症状が出てしまう事があります。化学繊維は天然繊維よりも丈夫というメリットがありますが、その性質上肌と触れることにより、その摩擦によって肌が荒れてしまうという事が多く報告されているのです。

また、汗の吸収性も悪い為に汗疹にもなりやすく、この二つが合わさることでアトピーでない方でも肌が荒れてしまうことが多々あります。ですので、体のデリケートゾーンや赤ちゃんや幼児といった肌が薄く敏感な人には着用は向きません。

さらには、乾燥時期にはさらに肌を乾燥させ、静電気によってさらに痒みが発症されてしまいます。化学繊維の場合、衣類と衣類の摩擦が生じて静電気が発生し、その静電気が人間の身体に蓄電していきます。女性の方が男性より静電気を感じるケースが多いと言われていますが、これはストッキングなどポリエステルやナイロンの合成繊維製品を身につけることが多いからと言われています。

 

環境ホルモンのリスク

そして、長期で見た際の化学繊維の危険性としてあげられるものが、環境ホルモンによる人体への影響です。まず、環境ホルモンについて説明しましょう。環境ホルモンは、私達生物の生体の成長や生殖・行動に関するホルモンの作用を阻害し、子孫まで影響を及ぼす外界からの有害物質のことをいいます。その影響によってホルモン分泌が乱されてしまうと、自己防衛能力は低下します。ホルモンの詳細に付いては「食に密接な環境ホルモンの現状」の記事でご紹介させて頂いております。

 

体への接触時間が鍵

これまで安全だと思われてきた服や下着に含まれる微量の化学物質も大きく私達の身体へ直接影響してくるのです。化学物質の身体への毒性は、「毒性の強さ×体内への吸収量」で決まります。ですので、肌への接触時間が長いものは、微量であってもリスクは非常に高くなってしまうのです。

化学繊維の衣類の他にも、プラスティック用品や即席麺等の包装材、化学物質が入る化粧品等の日用品から建材や塗料まで、石油製品や化学製品の様々なものにそのリスクが付きまといます。環境ホルモンがもたらす人体への影響としては、生殖機能の異常や発ガン性子宮内膜症等の様々な症状が危惧されます。

化学繊維のアレルギー・肌トラブルに付いては以下の記事でご紹介させて頂いていますので、合わせてご覧になってみてください。
化学繊維による肌荒れ
化学繊維・石油製品による化学繊維アレルギー等トラブル1
化学繊維・石油製品による化学繊維アレルギー等トラブル2
化学繊維による静電気
これらのリスクを日々の生活の中で軽減し、身体にも地球にも優しい天然素材を取り入れる習慣造りを少しずつ始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す