薬、予防接種の副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アナタ次第です

様々な危険な薬剤がありますが、ここではいくつかの薬の副作用の危険性や過去の症例をご紹介させて頂きます。

薬の副作用と危険な症例

予防接種・ワクチン

先ほどの記事でもご紹介をさせて頂きましたように、ワクチンはとても劇薬です。アメリカを始めとした多くの国が、その使用を危惧しています。成分には、水銀やアルミ等の危険な成分が含まれています。

国内では子宮頸がん・日本脳炎ワクチンによる副作用が、つい数日前にもニュースになるほど頻繁に起こっています。ワクチンは脳を破壊すると言われていますが、子宮頸がんワクチン副作用になってしまった女子大生が急に時計が読めなくなってしまったようです。

この他にも全身麻痺や脳機能障害等の様々な、しかも重度の症状がでています。日本脳炎は、140人が接種後にけいれんや脳炎など重い副作用を起こしていたことが報告されている劇薬です。この他のワクチンでもありとあらゆる副作用が報告されていますので、何も調べずに突発的に接種することは絶対に止めて下さい。


子どもへの副作用が疑われる薬として、2009年抗インフルエンザウイルス薬のタミフルが有名になりました。2005年にはタミフルの日本国内使用量が全世界の使用量の約75%を占めるまでに増えているのです。当時すでに10代の若者や児童・幼児のインフルエンザ患者において異常行動とインフルエンザ脳症が発生し、死亡者が出たことでタミフルの副作用が問題視されていました。この様な副作用のほかに、ワクチン同様、様々な症状が危惧されているので大変危険です。


  

市販の風邪薬や解熱薬・鎮痛薬で重い副作用が発症してしまいます。副作用であるスティーブン・ジョンソン症候群(通称SJS)による死亡例がわずか2年間で131件もあり、治っても後遺症で悩んでいる人も多くいるそうです。

失明や高熱、口・目・のど腫れやただれ、皮膚ブツブツ、意識不明、胃炎、薬剤乱用性頭痛と様々な症状がでてしまいます。また、腎血流量の減少、腫れやむくみがおこります。現在は、インフルエンザに強力な解熱剤を使用してはいけないとされていますが、解熱剤を使用すると35度台にまで熱が下がり、脱力感や意識を失うことさえあり、大変危険な状態になることが分かっているそうです。

子どもの安全

この他にも鼻炎薬や頭痛薬でも、口中の渇き・めまい・ふらつき、薬疹等様々な症状が出てしまいます。簡単に手に入る市販薬を服用する事ははハイリスクです。また、熱や痛みを強引に下げる解熱鎮痛剤も、様々な症状を引き起こし、死への危険が高まりますので、引用は控え、熱があるときにはゆっくりと直すことを前提として自分の体と向き合ってみてください。

他にもステロイド剤や抗ヒスタミン剤等、体内に蓄積され、危険を冒す薬品は多く存在します。健康は毎日の食事や睡眠、運動やストレスとの向き合い方が大切です。リスクのある薬を投与する前に、もう一度自身の体を自然な状態に戻す為にも生活のあり方を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す